忍者ブログ
フューネラルドゥーム追っかけブログ。

WRITE | ADMIN

カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
みそドラゴン
性別:
非公開
最新コメント
[03/03 みそ]
[01/30 dooom]
[11/18 みそ]
[11/15 zelot]
[11/22 みそ]
最新トラックバック
カウンター
カウンター


忍者ブログ [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



e00d3ee4.jpg

多数のブラックメタルバンドに関わるMikko Aspaによるフューネラルドゥーム作

Stabat Mater『Stabat Mater』
┃フィンランド
┃1stアルバム
┃ジャンル/フューネラル・ドゥーム
┃リリース/2009年
┃レーベル/Northern Heritage
┃マイスペース/http://www.myspace.com/stabatmaterdoom

 DEATHSPELL OMEGA、CLANDESTINE BLAZEなどでよく名前を目にするMikko Aspaによるバンド。
 スロウに進むフューネラルドゥームをやっているものの、重さを生かして踏み鳴らすドゥームメタルらしい要素を含み、ミドルテンポで迫ってきたり、それに合わせてツーバス連打してきたりで、結構ダイナミックなアプローチがある。メロディックさはほんの少ししか入っていないので、重低音のうねりそのものを楽しめる人向け。
 Mikko Aspa関連作らしい宗教色ももちろん加味。モノクロ映画を無音声で観ているようなレトロ感と非現実感が、このサウンドに個性を与えている。
 全体を見るとありがちなタイプに聴こえますが、細部を見るほど、類似のバンドが挙げづらくなる作品。

【ピックアップ】05.Stabat Mater
 他の曲と違っていきなりメロウ。淡々と呻くヴォーカルの後ろでは、苦痛に悲鳴を上げているようなギターがいるため、痛みを押し殺しているかのように聴こえる。

■こんな人にオススメ
・重低音が好き
・メロディ濃度は薄目がいい

■主な取り扱い店
・diskunion
・GRAVE
・はるまげ堂

■この音源に近いアプローチをとるバンド
My Shameful、Ego Depths
PR


※ Comment
HN
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS


※ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:



Powered by 忍者ブログ  Design by まめの
Copyright © [ GARBOLOGY ] All Rights Reserved.
http://garbology.en-grey.com/