忍者ブログ
フューネラルドゥーム追っかけブログ。

WRITE | ADMIN

カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
みそドラゴン
性別:
非公開
最新コメント
[03/03 みそ]
[01/30 dooom]
[11/18 みそ]
[11/15 zelot]
[11/22 みそ]
最新トラックバック
カウンター
カウンター


忍者ブログ [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



7a0c9f1e.jpg

終わりなき漆黒の地下道を進む、CATACOMBSのEP再発盤

CATACOMBS『Echoes Through the Catacombs』
┃アメリカ(アリゾナ)
┃EP
┃ジャンル/フューネラル・ドゥーム
┃リリース/2007年(2003年)
┃レーベル/Solitude Productions
┃マイスペース/http://www.myspace.com/catacombsfanpage

 本編2曲収録、トータル約30分のEPの再発盤。
 音質がチープだったHierophantから結構グレードアップしていて、クリーンギターが埋もれていない。まだまだメジャー感とは程遠い音ですが、このジャンルに馴染んでいる人なら許容範囲だと思う。
 内容はHierophantから引き継いだ、醜悪に彩られた世界のイメージをさらに推し進めていて、さながらダークファンタジーのサウンドトラックかのよう。音質アップにともない、惹きこむ力も増していて、光が一切届かない広大な地下ダンジョン内を、グロテスクなクリーチャーに怯えながら、進んでいくさまを想像できる。救いを示唆する展開はなく、彷徨い、疲弊し、力尽きる様子しか脳内に浮かばない。
 ボーナストラックとしてリマスタリングバージョンを収録していますが、あまり違いがないので、アルバムの流れを損なう意味でも余計だったと思う。

【ピックアップ】01.Consigned To Flames of Woe
 薄暗い地下ダンジョンを不安を抱えながら進むような始まり。中盤では踊るようなギターメロディが入るものの、禍々しさは変わらず。

■こんな人にオススメ
・ここではない醜悪な世界を覗いてみたい
・カルトなバンドに惹かれる

■主な取り扱い店
・GRAVE
・WEIRD TRUTH

■この音源に近いアプローチをとるバンド
Hierophant、Evoken、HYPONIC
PR


※ Comment
HN
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS


※ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:



Powered by 忍者ブログ  Design by まめの
Copyright © [ GARBOLOGY ] All Rights Reserved.
http://garbology.en-grey.com/