忍者ブログ
フューネラルドゥーム追っかけブログ。

WRITE | ADMIN

カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
プロフィール
HN:
みそドラゴン
性別:
非公開
最新コメント
[03/03 みそ]
[01/30 dooom]
[11/18 みそ]
[11/15 zelot]
[11/22 みそ]
最新トラックバック
カウンター
カウンター


忍者ブログ [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



2016年は個人的に「焦り」と「停滞」の年でした。
なので気に入った音楽にもそれは反映されていると思います。

※フューネラルドゥームを除いた2016年ベスト
※ベストアルバムと言いつつ、いつもどおりEPとか入れています


Clouds 『Departe』




 浄化された。とにかく心が浄化された。 前作も素晴らしくて、不安に駆られたときによく愛用してましたが、本作も負けず劣らずの出来で大変満足です。


Jardín de la Croix 『Circadia』




 とにかく清涼感がハンパじゃないマスロック。フューネラルドゥームで邪念屠ったあとに聴くと、より一層沁みました。心がスクラップアンドビルドされます。彼らのアルバムの中では一番。


Hands Like Houses 『Dissonants』




 今年のエモスクリーモ枠では本作がダントツでした。余計な装飾もなく、ストレートな作りなのもポイント高かったです。


Let It Die 『The Liar & The Saint』




 うるさい落ち着けとツッコミたくなるイギリスの大暴走グラインドコア。 スラッジパートがやや余計に感じますが瞬間最大風速はかなりのもの。


Oathbreaker 『Rheia』




 今年話題になった音源のほとんどはピンとこなかった私でも、本作は流石に衝撃でした。感情をぐちゃぐちゃに蹂躙され、聴き終わった後は呆然とするしかなった。


Allegaeon 『Proponent for Sentience』




 以前、様々なジャンルを小バカにしたようなおふざけPVでその存在を知ったのですが、まさかこのバンドがこんなにも格好良くなっているとは思わなかったです。持ち前のファニーさとメタルの格好良さがほどよく混じった良作。


Sustainer 『Sustainer』




 まさに初期衝動のみで突っ走る気の衒いもないハードコア。そこが物足りないという人もいるかもしれませんが、個人的にはこの勢いのみの作風が好みでした。


The Howling Void 『The Triumph of Ruin』




 フォークトラッド色をとり入れたEPの流れを汲むフルアルバム。脱フューネラルドゥーム作であるものの、好みすぎるので支持するしかないです。


(Echo) 『Head First into Shadows』




 2曲目が好きすぎてこればかり聴いていました。焦りを感じたときによく聴きたくなりました。


Crucify Me Gently 『Circles』




 シリアスな雰囲気が色濃いウクライナのデスコア。 欲を言えばもっとブラストでかっ飛ばすパート欲しかった。
PR


※ Comment
HN
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS





Powered by 忍者ブログ  Design by まめの
Copyright © [ GARBOLOGY ] All Rights Reserved.
http://garbology.en-grey.com/