忍者ブログ
フューネラルドゥーム追っかけブログ。

WRITE | ADMIN

カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
プロフィール
HN:
みそドラゴン
性別:
非公開
最新コメント
[03/03 みそ]
[01/30 dooom]
[11/18 みそ]
[11/15 zelot]
[11/22 みそ]
最新トラックバック
カウンター
カウンター


忍者ブログ [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。





地獄の業火で人類が焼き尽されていく妄想捗る、スラッジ/デスメタル

AUTOKRATOR 『AUTOKRATOR』
┃フランス
┃1stアルバム
┃ジャンル/スラッジ/デスメタル
┃リリース/2015年
┃レーベル/Self released
┃バンドキャンプ/ https://autokrator.bandcamp.com/releases

 フランス、パリで結成されたデスメタルバンド。1stアルバム。バンド名は「独裁者」の意味します。
 一聴してわかるとおり、地獄そのものなギターの音が強烈。この音作りの時点で本作は勝ったようなもの。
 様々なエクストリームミュージックの要素をその身に取り込んでおり、スラッジのささくれ立った憎悪感、ブラックメタルの冒涜感、デスメタルの暴虐性などが入り混じって、もはや、億単位の悪意の集合体、としか言い表せない有様と化してます。歌詞は人類の悪逆の歴史を描いているようですが、音のスケールが大きすぎるあまり、高位の存在が人類を滅ぼしている光景しか脳内に浮かびません。焦げ臭い匂いすら漂ってきそうなほど、苛烈を極めた楽曲には、驚嘆を通り越して呆れ果てます。

 近いバンドと言えばGrave Upheavalでしょうか。異様に前面に出てくる不鮮明な重低音ギターを主にしたスタイルは、通じるところがあるかと。しかし、本バンドと違って、ドゥーム寄りなバンドですし、与えるイメージも怒気の発散ではなく、陰気の収束。一見音楽性が近いようでいて、表現的には間逆という、おもしろい関係性にあると思います。

 名作よりも怪作に惹かれる人向け。1作目にして逝くところまで逝ってます。この手のものが陥りがちである、金太郎飴な部分はあるものの、方向性のブッ飛び方が異常なので一度聴いたら忘れられません。



【ピックアップ】06.Act 6 : Sit divus, modo non vivus
 もう、暴君の降臨か何かでしょうか。威圧感が一際強い一曲。

■こんな人にオススメ
・人類なんて滅べばいい
・名作よりも怪作が好き

■主な入手方法
・bandcamp

■この音源に近いアプローチをとるバンド
Grave Upheaval、Pseudogod
PR




圧倒的威圧感を誇るフィンランドのデスメタル

┃CORPSESSED 『Abysmal Thresholds』
┃フィンランド
┃1stアルバム
┃ジャンル/デスメタル
┃リリース/2014年
┃レーベル/Dark Descent Records
┃バンドキャンプ/ http://darkdescentrecords.bandcamp.com/album/abysmal-thresholds

 フィンランドのオールドスクールデスメタルバンドの1stアルバム。
 ここ最近、デスメタルが音質の向上、テクニックの追及などによって洗練されていく一方で、その流れに逆行するかのように若手のオールドスクールデスメタルバンド等によるリリースが目立ちます。デスメタルに本来備わっていた陰湿で汚い側面を再評価し、取り戻そうとしているのでしょうか。どれもこれも質の高いものばかりで、そのあたりにアンテナを張っているだけで興味深いバンドが多く見つかり楽しいです。なかでも自分が注目していたのがこのCORPSESSED。INCANTATIONの持つ地獄的な威圧感をさらに推し進めていて、リスナーを圧しながら絶大な力で引きずり回す様子は強力無比。人外な低さで吼えたてるボーカル含めて一遍のスキなく重いです。そのせいか、ブラスト絡めて走るパートもどことなくドゥーミーな印象を受けます。案外自分が惹かれたのもそこにあるのではないのかと。もしかするとドゥーム好き向けかもしれません。

 ちなみにProfetusとTYRANNYに関わるメンバーが在籍しています。他にもフューネラルドゥームバンドに在籍しながらこの手のデスメタルをプレイする人も多いことですし、ジャンル同士切っても切れない関係があるのでしょうか。



【ピックアップ】08.Demoniacal Subjugation
 気迫で威圧して、圧倒的な力を振るう。腕力があるくせに相手を呪う力にも長けているような二重のどうしようもなさがあります。どう立ち向かっていいのかわからず、ただ平伏すしかない。

■こんな人にオススメ
・ひたすら重い作品が好き
・支配されたい

■主な入手方法
・amazon
・diskunion
・record boy

■この音源に近いアプローチをとるバンド
INCANTATION、Maveth


PLANISPHAERIUM.jpg

テクニカルな演奏で紡ぐ、無理矢理SF紀行

WORMED『Planisphaerium』
┃スペイン
┃1stアルバム
┃ジャンル/テクニカル・デスメタル
┃リリース/2003年
┃レーベル/Macabre Mementos Records
┃マイスペース/http://www.myspace.com/wormed

 テクニカル系のデスメタルバンドなのですが、まず印象深いのはわけのわからなさ。それも次々に繰り出される高度な演奏に圧倒されるのではなく、イメージできる世界観そのものに圧倒される。
 ジャケを見てわかるとおり、SFじみた雰囲気を出そうとしているのか、硬質な音作りのおかげでやたらとメカメカしく、生物の温かみなど介在する余地がない。それにあわせて、音の全体像をつかませないほどにゴッた返す音の塊のおかげで、莫大の量の難解な世界設定を、無理やり脳内に捻じ込み、溢れるのを構わず注入されているかのよう。あまりの情報量に脳が言語化を拒み、聴いた後は「なんだか凄い体験をした」という印象のみが強く残る。

 このジャンルはアプローチの無機質さが批判材料になることもありますが、こちらは、その本来の欠点を利点に裏返し、想像力を刺激する材料に変えた稀有なバンドだと思う。音そのものにではなく、そこから連想したイメージに翻弄されるのが楽しい。
 デスメタルらしい攻撃的な側面を持っていても、他の血生臭いバンドとは異なるニュアンスを出せているのもポイントが高いかと。



【ピックアップ】01.Tunnel Of Ions
 プレイボタンを押した瞬間、SFなイメージが飛び交うが、すぐに臨界点に達する。

■こんな人にオススメ
・わけのわからない体験をしたい
・テクニカル系のバンドが好き
・SFに惹かれる

■主な入手方法
・Amputated Vein Records
・MACABRE MEMENTOS RECORDS

■この音源に近いアプローチをとるバンド
ALIENATION MENTAL


64600845.jpg

猛烈な勢いでひたすら突っ切る、ロシアのブラスト馬鹿

Coprobaptized Cunthunter 『Failure Prosthesis』
┃ロシア
┃1stアルバム
┃ジャンル/グラインド/デスメタル
┃リリース/2010年
┃レーベル/COYOTE
┃マイスペース/http://www.myspace.com/coprobaptizedcunthunter

 ゴアグラインドという触れ込みだけど、むしろブルデスにかなり近い。BRODEQUINや(というかカバー収録する入れこみぶり)コロンビア勢を彷彿とさせるかっ飛ばしブラストが売りのバンドで、猛烈な速さを誇り、たまにゴアらしいグルーヴが顔を出すが、最初から最後まで勢いのみで突っ走る。もちろんグラヴィティも使用されているが基本はブラスト。それと、カンカンポコポコ鳴る軽いスネアの音が好きな人にはたまらないかと。ガテラルもほどよく曲を汚していてポイント高し。
 速ければ良い人のための音源。どうでもいいけどジャケが酷すぎます。



【ピックアップ】02.Coproheating Reactor
 ところどころノリのいいドラムフレーズ&リフを挟みつつ爆走。

■こんな人にオススメ
・速ければ速いほど良い
・スネアの音は軽いほうが好み

■主な取り扱い店
・Amputated Vein Records
・MACABRE MEMENTOS RECORDS

■この音源に近いアプローチをとるバンド
BRODEQUIN、Alienation Mental


dc536daf.jpg

複雑ながらもストレートにウネるスペインのブルータルデス

Cerebral Effusion『Impulsive Psychopathic Acts』
┃スペイン
┃3rdアルバム
┃ジャンル/ブルータル・デスメタル
┃リリース/2010年
┃レーベル/Comatose Music
┃マイスペース/http://www.myspace.com/cerebraleffusion

 一聴しただけでわかるDISGORGE(US)直系サウンド。
 過去作は未聴ですが、これは大当たり。ウニュウニュとウネるリフ、汚くギュルギュル引きずるディープなガテラル、緩急をつけるのがうまいドラムと、もう聴いているだけで気持ちいい。曲の流れは詰め込んでいるわりにはストレートで、急な展開がなく安心して身をゆだねられる。ドラムはグラヴィティを使ってくる場面があるものの多用せず、ここぞというときにアクセントとして導入してくるのが好印象。ガテラルもすごく汁っぽい声で、曲のグルーヴを引き立たせていてブルデスヴォーカルとして申し分なしの良さ。
 感触としては『She Lay Gutted』に近く、特にこのアルバムを何百と聴きたおした自分としては、見事にツボにはまりました。
 フォロワーの域は出ていませんが、質は高く、DISGORGE(US)が好きでたまらない人にオススメ。



【ピックアップ】03.Into Morbid Obesity
 ブラストから突如のビートダウン。でも、しつこく引っ張らないので勢いを損なわない。

■こんな人にオススメ
・DISGORGE(US)が好き
・安心して聴ける作品所望

■主な取り扱い店
・はるまげ堂
・Amputated Vein Records
・MACABRE MEMENTOS RECORDS

■この音源に近いアプローチをとるバンド
DISGORGE(US)、CONDEMNED





Powered by 忍者ブログ  Design by まめの
Copyright © [ GARBOLOGY ] All Rights Reserved.
http://garbology.en-grey.com/