忍者ブログ
フューネラルドゥーム追っかけブログ。

WRITE | ADMIN

カレンダー
04 2020/05 06
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
みそドラゴン
性別:
非公開
最新コメント
[03/03 みそ]
[01/30 dooom]
[11/18 みそ]
[11/15 zelot]
[11/22 みそ]
最新トラックバック
カウンター
カウンター


忍者ブログ [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



PLANISPHAERIUM.jpg

テクニカルな演奏で紡ぐ、無理矢理SF紀行

WORMED『Planisphaerium』
┃スペイン
┃1stアルバム
┃ジャンル/テクニカル・デスメタル
┃リリース/2003年
┃レーベル/Macabre Mementos Records
┃マイスペース/http://www.myspace.com/wormed

 テクニカル系のデスメタルバンドなのですが、まず印象深いのはわけのわからなさ。それも次々に繰り出される高度な演奏に圧倒されるのではなく、イメージできる世界観そのものに圧倒される。
 ジャケを見てわかるとおり、SFじみた雰囲気を出そうとしているのか、硬質な音作りのおかげでやたらとメカメカしく、生物の温かみなど介在する余地がない。それにあわせて、音の全体像をつかませないほどにゴッた返す音の塊のおかげで、莫大の量の難解な世界設定を、無理やり脳内に捻じ込み、溢れるのを構わず注入されているかのよう。あまりの情報量に脳が言語化を拒み、聴いた後は「なんだか凄い体験をした」という印象のみが強く残る。

 このジャンルはアプローチの無機質さが批判材料になることもありますが、こちらは、その本来の欠点を利点に裏返し、想像力を刺激する材料に変えた稀有なバンドだと思う。音そのものにではなく、そこから連想したイメージに翻弄されるのが楽しい。
 デスメタルらしい攻撃的な側面を持っていても、他の血生臭いバンドとは異なるニュアンスを出せているのもポイントが高いかと。



【ピックアップ】01.Tunnel Of Ions
 プレイボタンを押した瞬間、SFなイメージが飛び交うが、すぐに臨界点に達する。

■こんな人にオススメ
・わけのわからない体験をしたい
・テクニカル系のバンドが好き
・SFに惹かれる

■主な入手方法
・Amputated Vein Records
・MACABRE MEMENTOS RECORDS

■この音源に近いアプローチをとるバンド
ALIENATION MENTAL
PR


※ Comment
HN
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS


※ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:



Powered by 忍者ブログ  Design by まめの
Copyright © [ GARBOLOGY ] All Rights Reserved.
http://garbology.en-grey.com/