忍者ブログ
フューネラルドゥーム追っかけブログ。

WRITE | ADMIN

カレンダー
04 2020/05 06
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
みそドラゴン
性別:
非公開
最新コメント
[03/03 みそ]
[01/30 dooom]
[11/18 みそ]
[11/15 zelot]
[11/22 みそ]
最新トラックバック
カウンター
カウンター


忍者ブログ [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



c210a5a2.jpg

憤怒の表情でゆったりと憎悪を吐き散らす現代型スラッジ

Black Sheep Wall『I Am God Songs』
┃アメリカ
┃1stアルバム
┃ジャンル/スラッジ・コア
┃リリース/2008年
┃レーベル/Shels
┃マイスペース/http://www.myspace.com/blacksheepwallmusic

 アメリカのスラッジコアバンドによる1stアルバム。
 重低音をハンマーのように叩きつけ、曲を形作るアプローチはスラッジコアの系譜に連なりますが、ハードコアの名残のある初期のタイプではなく、ISIS近辺のポストメタル/スラッジを由来にしたタイプ。Coalesceあたりのカオティックさも併せ持ち、00年代のエッセンスが詰まった現代型と言えます。
 ちょうどISISの『Celestial』に宿る激性のみをピックアップして増強した、と形容したくなるような憤怒の音を鳴らし、変拍子を多用した音像は、ねじくれたイメージを植えつける。重量感のある怒号を繰り返すヴォーカルのインパクトも凄い。かぎりなく重苦しい印象を与えようとしますが、意外にもグルーヴを意識していて、取っ付きやすさも備えている。

 背後にポストロックな繊細さが見え隠れする#4、咆哮と対比させるようにクリーンヴォイスが入る#5など、ポストメタル経由の美的な面も垣間見ることができますが、どちらにしてせよ結局は、目に映るものすべてを憎しみの目で睨み付け、破砕してまわる攻撃性が上回る。



【ピックアップ】09.Xiomara
 多数の呻き声が入り乱れるノイズを垂れ流したのちフェードアウト。このまま終わると見せかけて鉄槌の如く重低音、猛る声。嫌な締め方。

■こんな人にオススメ
・世の中が憎い
・重い音を求める
・グルーヴも欲しい
・遅い音楽しか聴けない状態

■主な入手方法
・AMAZON

■この音源に近いアプローチをとるバンド
GAZA、Eryn Non Dae.
PR


※ Comment
HN
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS


※ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:



Powered by 忍者ブログ  Design by まめの
Copyright © [ GARBOLOGY ] All Rights Reserved.
http://garbology.en-grey.com/