忍者ブログ
フューネラルドゥーム追っかけブログ。

WRITE | ADMIN

カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
みそドラゴン
性別:
非公開
最新コメント
[03/03 みそ]
[01/30 dooom]
[11/18 みそ]
[11/15 zelot]
[11/22 みそ]
最新トラックバック
カウンター
カウンター


忍者ブログ [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



despond.jpg

よりメロディックに、よりへヴィに迫る待望のフルレングス

Loss『Despond』
┃アメリカ
┃1stアルバム
┃ジャンル/フューネラル・ドゥーム
┃リリース/2011年
┃レーベル/Profound Lore Records
┃マイスペース/http://www.myspace.com/lossdoom

 長い間、出そうで出ない状況が続いたのち、ようやくリリースされたLossの1stアルバム。
 DEMO音源の曲が、この界隈屈指のメロディックさを誇っていただけに、この路線でフルボリュームとなると胃もたれを起こすのでは、と思っていましたが、蓋を開けてみるとバランスの取れた内容で安心。メロディックに迫るパートは、まったく自重せずに迫ってきて、鈍重なパートはひたすら重く加圧をかけてくる。双方の比重が絶妙で、クドくなりそうでクドくならず、よほどメロディに拒絶反応がなければ最後までスルリと聴けてしまう。

 DEMOに収録されていた2曲もアレンジを施されて収録。より涙腺を刺激する方向へと進んでいて、DEMOを持っている人は聴き比べてみるとおもしろいかと。その他、ギターをかき鳴らし痛みを搾り出すように向かってくる#2、クリーンヴォイスが印象的な#9など、キャッチーと言えるようなアプローチが幾多見られ、かなり取っ付きやすく仕上げており、このジャンルにしては比較的広い層にアピール可能。もう一度書きますが、このジャンルにしては。

【ピックアップ】07.Shallow Pulse
 重低音で聴かせる曲かと思えば、すぐに静寂パートへ。そして再び重低音。闇の中でむせび泣くような曲。
どうでもいいことですが、静寂パートにて、携帯が鳴っているように錯覚する音が入っていて、まぎわらしい。

■こんな人にオススメ
・泣きたい
・悲しいメロディが欲しい
・遅い音楽しか聴けない状態

■主な入手方法
・AMAZON
・diskunion

■この音源に近いアプローチをとるバンド
WORSHIP、Imindain
PR


※ Comment
HN
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS


※ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:



Powered by 忍者ブログ  Design by まめの
Copyright © [ GARBOLOGY ] All Rights Reserved.
http://garbology.en-grey.com/