忍者ブログ
フューネラルドゥーム追っかけブログ。

WRITE | ADMIN

カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
ブログ内検索
プロフィール
HN:
みそドラゴン
性別:
非公開
最新コメント
[03/03 みそ]
[01/30 dooom]
[11/18 みそ]
[11/15 zelot]
[11/22 みそ]
最新トラックバック
カウンター
カウンター


忍者ブログ [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



72821b90.jpg

全音源中、もっともメロディアスな仕上がりになった2ndアルバム

INTESTINE BAALISM『BANQUET IN THE DARKNESS』
┃日本(東京)
┃2ndアルバム
┃ジャンル/メロディック・デスメタル
┃リリース/2003年
┃レーベル/BLACK END
┃マイスペース/http://www.myspace.com/intestinebaalism

 東京を拠点に活動、ENTOMBEDやDISMEMBERなどに影響を受けたスウェディッシュデスメタルを基調とする。前作はまさに苛烈なデスメタルに少々のメロディを入れ込んだ、先人達をモロに意識したサウンドでしたが、本作ではメロディの比重が大幅に増量。メロディックデスメタルの領域に足を突っ込み、とどめとばかりに日本人お得意のやりすぎなメロディセンスが後を押し、前作が好きだった人には甘すぎる作りになってます。
 #1で小手調べ、#2から開き直ったような曲ばかりが並びますが、特に#8のイントロ部分は言い訳がきかないくらいにアニソン。
 一応、#11で最後の最後に純粋にデスメタルしている曲が収録されているものの、それでも、印象が覆されないほど中核を成す曲が甘ったるいため、照れ隠しにしか見えず。また、この曲がアルバム中もっとも古い曲だという事実に、日本人の業めいたものを感じます。
 甘党メロデスファンにしか薦められないシロモノ。



【ピックアップ】02.Banquet in the Darkness
 本作のハイライトにして、その後のメロディラッシュを予感をさせる狼煙曲。

■こんな人にオススメ
・覚えやすいサウンドがいい
・メロディはやりすぎていたほうが好み

■主な入手方法
・diskunion

■この音源に近いアプローチをとるバンド
Serpent、SORROW OF TRANQUILITY、DISMEMBER
PR


※ Comment
HN
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS


※ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:



Powered by 忍者ブログ  Design by まめの
Copyright © [ GARBOLOGY ] All Rights Reserved.
http://garbology.en-grey.com/