忍者ブログ
フューネラルドゥーム追っかけブログ。

WRITE | ADMIN

カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
みそドラゴン
性別:
非公開
最新コメント
[03/03 みそ]
[01/30 dooom]
[11/18 みそ]
[11/15 zelot]
[11/22 みそ]
最新トラックバック
カウンター
カウンター


忍者ブログ [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



a7a63a0b.jpg

MY SHAMEFULのスタイルが極まった感のあるフィンランドのドゥーム3作目

MY SHAMEFUL『The Return To Nothing』
┃フィンランド
┃3rdアルバム
┃ジャンル/デスメタル/フューネラル・ドゥーム
┃リリース/2006年
┃レーベル/Firebox Records
┃マイスペース/http://www.myspace.com/myshameful

 陰りのあるジャケからはゴシック的なイメージが浮かびますが、実際は、そのような耽美な要素はほんの少ししか導入せず、どちらかというと、綺麗な展開よりも無骨さを優先させ、頑としてドゥームデスメタル寄りのスタイルで勝負しています。
 本作は、体制を整えた前作の延長線であり、単純に完成度を高めている。音圧も増したことで、重苦しさとは別にカッコよさが出ており、エッジを効かせ、グルーヴを意識してウネるくだりは堂々とした佇まいで、負を源泉とした多大なる力を感じる。
 音圧を増すことは必ずしもプラスにならず、むしろマイナスになることが多いジャンルでありますが、もともと弱々しさを醸し出すバンドではないため、順当にパワーアップした印象が強い。

 曲の求心力も断然強まり、それぞれのバラエティも補強され、MY SHAMEFULのアルバムの中から代表作を選ぶとしたら間違いなく本作でしょう。鬱々としたイントロに対比させるように力強く叩きつける#1から、しっとりと締める#8まで緊張感は途切れない。
 気になっている人は、まずはこれから。

【ピックアップ】04.The Return To Nothing
 ずっしりと渦巻く重低音に、儚くクリーンギターが響くさまは、まるで混沌から手招きされているかのよう。ちょうどEVOKENからキーボードを抜いた感じ。

■こんな人にオススメ
・キーボードはいらない
・遅い音楽しか聴けない状態
・地味な音楽を好きになる傾向がある

■主な入手方法
・AMAZON
・GRAVE
・WEIRD TRUTH

■この音源に近いアプローチをとるバンド
EVOKEN、ESOTERIC、AHAB
PR


※ Comment
HN
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS


※ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:



Powered by 忍者ブログ  Design by まめの
Copyright © [ GARBOLOGY ] All Rights Reserved.
http://garbology.en-grey.com/