忍者ブログ
フューネラルドゥーム追っかけブログ。

WRITE | ADMIN

カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
みそドラゴン
性別:
非公開
最新コメント
[03/03 みそ]
[01/30 dooom]
[11/18 みそ]
[11/15 zelot]
[11/22 みそ]
最新トラックバック
カウンター
カウンター


忍者ブログ [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



Metamorphogenesis.jpg

説得力とスケールを補強、スタイルの転換期にあたる3rdアルバム

ESOTERIC『Metamorphogenesis』
┃イギリス
┃3rdアルバム
┃ジャンル/フューネラル/ドゥーム・デスメタル
┃リリース/1999年
┃レーベル/Eibon Records
┃マイスペース/http://www.myspace.com/esotericuk

 3rdアルバム。
 1st、2ndでは当たり前のように2枚組みで通してきたものの、ここにきてまさかの1枚。ESOTERICのアルバム中、最も影の薄い音源だと認識していますが、“幻惑と圧倒”こそがESOTERICならではの味だと思っている私にとっては、まさしく本領を発揮してきた転換期にあたる作品とみています。

 音質の向上により、ハッタリが効きやすくなったことが大きな要因の1つで、単純ですが効果は大きく、説得力が補強されており、脈打つドローンに乱れ舞うノイズが被さる、といった抽象的な場面において強く顕在化。それに伴い、意味深な表現が、より意味深に感じられるようになって、想像力を遊ばせるのが容易になりました。そして、ハッタリと言えば、淡々としたリフから徐々にボルテージを上げていき、過剰な畳み掛けにまで達する表現は特に印象的で、巨大な亜空間を漂うなか、精神に直接アタックされているかの如き圧倒感などは後の作品に通じるものがあります。

 前作までは、音の迷宮はただ存在するだけで、ゆえに聴き手自身が踏み入る必要性がありましたが、本作は自ら呑み込もうと進み出てくるのが大きな違いとなっています。
 アルバムトータルでの完成度は次作に譲りますが、影が薄いながらも転換期ならではの魅力は存分に含んでいるかと。

【ピックアップ】1.Dissident
 突然始まり、おまけにいきなり全力で迫ってくるので思わずつんのめりますが、後半でも抽象的な表現が怒涛のように顔を出すので、いわば長い出オチのような曲。これを聴いた先には聴きやすい音が待っています。

■こんな人にオススメ
・難解なイメージのある音楽が聴きたい。
・巨大なスケールを感じるものが好き
・遅い音楽しか聴けない状態

■主な入手方法
・GRAVE
・WEIRD TRUTH

■この音源に近いアプローチをとるバンド
Abstract Spirit、The NULLL Collective
PR


※ Comment
HN
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS

 Title:こんにちは!
驚きました。
前もこの様なフューネラルドゥームなどをレビューするブログをやっておられましたよね??
…確かその時はTorture Wheelの記事のコメントで、みそさんの聴かれた最も暗い音源としてWijlen Wijをご紹介頂いたと思うのですが、覚えていらっしゃいますでしょうか?(^O^)

…や、人違いでしたら申し訳ございません(;^_^A
鈴虫 2011/11/24(Thu)13:09:18 #edit

 Title:無題
Wijlen Wijの件に関して心当たりがあるので、おそらく同一人物だと思いますよ。だとしたらお久しぶりです。

ザが消えてしまったのと、葬式ドゥームに関する情報の寂しさからまた立ち上げてみました。更新速度もフューネラルドゥームの如きですけど、こちらでもよろしくお願いしますね。
みそ 2011/11/25(Fri)21:28:29 #edit

 Title:無題
おお!ご返信頂けて光栄です(^O^)

やはり同じみそさんでいらっしゃいましたか!
あれからも暗がりの音楽の探求をただ続けてきたのですが、結局行きつく所はNorttの最新譜でした(;^_^A王道というか…
(ご紹介頂いたwijlen wijは素晴らしかったです。暗く閉鎖的でじめじめとメランコリー。。)


さて今回、みそさんの見識も知識もあの時より恐らく広がりに広がったと思われるのですが、みそさんに今一度、強烈に暗く死にたくなるような名盤をお聞きしたいですm(_ _)m汗

気が向いたらで良いのでご返信お待ちしております!


あ。ブログ内容は毎回チェックさせて勉強させて頂きますので、是非頑張って続けて下さい(^O^)
鈴虫 2011/11/28(Mon)16:40:48 #edit

 Title:無題
norttのアレは自分も好きです。ほとんどアンビエントですけど、おかげで呆然としたいときにマッチしますw

オススメというより、要チェックなのがWAVERLY HILLS。
殺りに来ている感じがとても良くて、今後の動向を見守りたいバンドです。

しばらく更新する気でいますが、多分ある程度書いたら、また放置キメる恐れがあります。ツイッターでは割と活発なので、使用しているならそちらでもよろしくお願いしますね。
みそ 2011/11/29(Tue)00:00:13 #edit

 Title:無題
お早いレスポンスありがとうございますm(_ _)m

Norttの影響か最近はダークアンビエントに関心があって漁っているのですが彼の新譜を超える逸品には未だ出逢えておりません…。

Waverly Hills、ですか。これまた聞いた事のない名前!!
ちょっと聴いてみます(^O^)

Twitterですか、全く活動していない(ほぼ登録だけ。。)アカウントがあるのですが…、なるほど、どうやらついにTwitter民として乗り出す日が来るやもしれません…!!

では、全く関係のないEsotericの記事で変なコメントしてしまって申し訳ありませんでした。
前にコメントした通り、ちょいちょい覗きに来たりコメントしたりしますので宜しくお願いしますm(_ _)m
ではでは。
鈴虫 2011/11/29(Tue)16:36:37 #edit

 Title:無題
まんまNorttを彷彿とさせるアンビエントは自分もエンカウントしていませぬ。あの、森の濃密な空気を感じさせるアプローチは彼にしかできないと思います。

関係ないコメントでも特に目くじらたてない性格なので、気軽にどうぞ。
みそ 2011/12/06(Tue)00:27:02 #edit


※ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:



Powered by 忍者ブログ  Design by まめの
Copyright © [ GARBOLOGY ] All Rights Reserved.
http://garbology.en-grey.com/