忍者ブログ
フューネラルドゥーム追っかけブログ。

WRITE | ADMIN

カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
みそドラゴン
性別:
非公開
最新コメント
[03/03 みそ]
[01/30 dooom]
[11/18 みそ]
[11/15 zelot]
[11/22 みそ]
最新トラックバック
カウンター
カウンター


忍者ブログ [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



descent.jpg

音の幅を広げ、やや前向きになったフィンランドのドゥーム4作目

MY SHAMEFUL『descent』
┃フィンランド
┃4thアルバム
┃ジャンル/フューネラル/ドゥーム・デスメタル
┃リリース/2008年
┃レーベル/Firedoom Music
┃マイスペース/http://www.myspace.com/myshameful

 前作は、代表作と言っても差し支えないほどスタイルが完成形に至っていた1枚でしたが、対する本作は、ひとまず幅を広げてみたという印象で、もはやフューネラルドゥームの範疇から離れ、ミドルテンポで迫るドゥームデスメタルの趣がさらに強くなり、曲によってはブラックメタルを意識した曲まであります。
 それにともない、過去作にあったような迷いや、息苦しさを覚えるような描写もなくなり、うつむき加減な作風でありながらも、一歩一歩しっかりと地を踏みしめて、前へと進む意思を感じさせるように。特にアルバムの後半を飾る#6では、ひとまずブラックメタル調に悲壮さを描くものの、しまいにはブラストを絡ませて爆走、纏わり付く陰鬱さを蹴散らすような勇壮な一面まで見せる。
 個人的には本作も楽しめましたが、遅さ重さ暗さを徹底して欲しい人にとっては、少々贅肉が付きすぎたと感じるところもあるかと。

【ピックアップ】02.Deity of retribution
 色味のないモノトーンなイメージが濃いものの、ザクザク刻むリフのおかげで妙なグルーヴが生まれていて、それほど鬱々とした印象は意外とない。やや受け取り方に困る曲。

■こんな人にオススメ
・キーボードはいらない
・遅い音楽しか聴けない状態
・地味な音楽を好きになる傾向がある

■主な入手方法
・AMAZON
・GRAVE
・WEIRD TRUTH

■この音源に近いアプローチをとるバンド
EVOKEN、ESOTERIC、AHAB
PR


※ Comment
HN
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS


※ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:



Powered by 忍者ブログ  Design by まめの
Copyright © [ GARBOLOGY ] All Rights Reserved.
http://garbology.en-grey.com/