忍者ブログ
フューネラルドゥーム追っかけブログ。

WRITE | ADMIN

カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
みそドラゴン
性別:
非公開
最新コメント
[03/03 みそ]
[01/30 dooom]
[11/18 みそ]
[11/15 zelot]
[11/22 みそ]
最新トラックバック
カウンター
カウンター


忍者ブログ [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



d782ba35.jpg

手堅く暗黒世界を展開するフィンランドのドゥーム

MY SHAMEFUL『Of All the Wrong Things』
┃フィンランド
┃1stアルバム
┃ジャンル/デスメタル/フューネラル・ドゥーム
┃リリース/2003年
┃レーベル/Firebox Records
┃マイスペース/http://www.myspace.com/myshameful

 もはや、根暗バンドを多数輩出する国としての認識が固まったフィンランドからのお出まし。比較的若いバンドではあるものの、コンスタントなリリースを続けるため、この手のジャンルにしてはアルバム枚数は多め。本作はその1作目にあたります。
 基本的にドゥームデスメタル寄りの音楽性を中心に据えており、極端な遅さやメロディよりも、重さを活かして迫ったり、グルーヴを描く方面へと舵をとりがち。それでいて、盛り上がってもカタルシスというには薄く、まったりダラダラと聴かせるタイプ。
 近いことをやるバンドにEVOKENやESOTERICが思い浮かびますが、個性によるインパクトという点においても2者にかなり劣るため、「もう少し○○だったらいいのに」という声に応える立ち位置にいる。ちょうどキーボードを入れず、たとえ入っても目立たせないので、それがこのバンドを選ぶ理由の1つになるかと。比較的音源を入手しやすいバンドではありますが、その実態はこだわる人向け。

 本作はそんな地味めな音源が多いMy Shamefulの中でも、もっとも地味なアルバムと言え、一応、重低音で圧すだけでなく、静寂なパートの差込みによりメリハリを効かせていますが、1人で製作しているだけあって、ドラムがモロに打ち込みとわかる音をしており、そこが気になる人は注意。

【ピックアップ】03.Blackened Lies
揺らめくメロディに、ギターとヴォーカルの掛け合いなど、印象に残りやすい稀有な曲。

■こんな人にオススメ
・キーボードはいらない
・遅い音楽しか聴けない状態
・地味な音楽を好きになる傾向がある

■主な入手方法
・AMAZON
・GRAVE
・WEIRD TRUTH

■この音源に近いアプローチをとるバンド
EVOKEN、ESOTERIC、AHAB
PR


※ Comment
HN
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS


※ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:



Powered by 忍者ブログ  Design by まめの
Copyright © [ GARBOLOGY ] All Rights Reserved.
http://garbology.en-grey.com/