忍者ブログ
フューネラルドゥーム追っかけブログ。

WRITE | ADMIN

カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
みそドラゴン
性別:
非公開
最新コメント
[03/03 みそ]
[01/30 dooom]
[11/18 みそ]
[11/15 zelot]
[11/22 みそ]
最新トラックバック
カウンター
カウンター


忍者ブログ [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



2413ab5b.jpg

広がる淀んだ世界、フューネラルドゥーム黎明期の独りバンド

Hierophant『The Tome』
┃アメリカ(ニュージャージー)
┃コンピレーション
┃ジャンル/フューネラル・ドゥーム
┃リリース/2007年(2003年)
┃レーベル/Solitude Productions 

 94年から活動を開始。このフューネラルドゥームシーンにおいて意外に古参であるXathagorra Mlandrothによって、94年~02年に作成された楽曲を1枚にまとめたコンピレーション。
 のちにCATACOMBSという音楽性を継いだバンドを立ち上げ、今現在2枚音源をリリースしていますが、このあたりをよく聴く人だと、Hierophantは知らなくてもこちらの方は耳にしたことがある人は多いかと。
 今にも止まりそうなテンポで描き出すのは、禍々しき異界。この手のバンドにありがちな悲哀なメロディーはまとわず、どこまでも異形の生物が蠢く光景が続いていく。情景描写を中心としたアプローチをとり、淀んだ音世界に浸ることができる。
 CATACOMBSに比べれば「Forever Dying」を筆頭にややキャッチーで耳残りのよい部分もあり聴きやすい。しかし、時期が時期だけに音質は悪く、重低音ギターの音がジリジリとしたノイズを含んでいて全体的にチープに聴こえる。いかにも地下バンドな雰囲気があるので味と言えば味かも。

【ピックアップ】02.Where No Light Hath Shone
 あちらの世界から手招きしているようなギターメロディが印象的。とりわけ重い声ではないが、グロウルが非人間的で巨大な怪物を想起させる。

■こんな人にオススメ
・ここではない醜悪な世界を覗いてみたい
・カルトなバンドに惹かれる

■主な取り扱い店
・GRAVE
・WEIRD TRUTH

■この音源に近いアプローチをとるバンド
CATACOMBS、Evoken、HYPONIC
PR


※ Comment
HN
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS


※ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:



Powered by 忍者ブログ  Design by まめの
Copyright © [ GARBOLOGY ] All Rights Reserved.
http://garbology.en-grey.com/