忍者ブログ
フューネラルドゥーム追っかけブログ。

WRITE | ADMIN

カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
みそドラゴン
性別:
非公開
最新コメント
[03/03 みそ]
[01/30 dooom]
[11/18 みそ]
[11/15 zelot]
[11/22 みそ]
最新トラックバック
カウンター
カウンター


忍者ブログ [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



Narcosis.jpg

ゴシック的な美麗さが増して、聴きやすくなったEP

Comatose Vigil『Narcosis』
┃ロシア
┃EP
┃ジャンル/フューネラル・ドゥーム
┃リリース/2006年
┃レーベル/Solitude Productions
┃マイスペース/http://www.myspace.com/comatosevigilofficial

 ゴシックな部分が増えていてかなり聴きやすくなっています。
 脅迫的だったキーボードも本作ではおとなしくなり、シンフォニックな響きが劇的かつ美麗。醜のしめる割合の大きかった1stアルバムと違って、美と醜の交錯をメインとし、ゴシックメタルを意識した内容が繰り広げられている。キーボードが曲を引っ張るスタイルはそのままなので、音を紡ぐ手法は変えずに、そこから生まれるニュアンスのみを変えている感じ。徐々に壮大さを強めていくクライマックスも、鬱屈が浄化されているようで良し。その後のCrematoryのカバーはなぜか和みます。
 ゴシックドゥームあたりが聴ける人ならすんなり入り込めるかと。

 英語バージョンとロシア語バージョンの二つが収録されていますが、歌詞聴き取りが困難な深いグロウルなので、あんまり違いがなく、バージョン違いを入れるなら別の曲を入れて欲しかったです。

【ピックアップ】02.Narcosis (Russian Version)
 もっとこう、ロシア語特有の響きがあるかと思えば……。

■こんな人にオススメ
・ムード重視の作品に惹かれる
・ゴシックメタルが好き

■主な取り扱い店
・GRAVE
・はるまげ堂
・WEIRD TRUTH

■この音源に近いアプローチをとるバンド
COLOSSEUM、REMEMBRANCE、Shape of Despair
PR


※ Comment
HN
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS


※ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:



Powered by 忍者ブログ  Design by まめの
Copyright © [ GARBOLOGY ] All Rights Reserved.
http://garbology.en-grey.com/