忍者ブログ
フューネラルドゥーム追っかけブログ。

WRITE | ADMIN

カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
みそドラゴン
性別:
非公開
最新コメント
[03/03 みそ]
[01/30 dooom]
[11/18 みそ]
[11/15 zelot]
[11/22 みそ]
最新トラックバック
カウンター
カウンター


忍者ブログ [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



6f66ea2f.jpg

8ビットの広大な世界を永遠と描く第1作目

Until Death Overtakes Me『Symphony I - Deep Dark Red』
┃ベルギー
┃1stアルバム
┃ジャンル/アンビエント・フューネラル・ドゥーム
┃リリース/2001年
┃レーベル/?
┃オフィシャル/http://udom.nulll-void.com/

 数々のバンドやプロジェクトを立ち上げるStijn Van Cauterによる、おそらく代表ソロプロジェクト。フューネラルドゥームにアンビエントを溶け込ましたスタイルを持つバンドの“影響を受けたバンドリスト”に載っていることが多いので、この手のタイプのアイコン的な存在だと思う。
 キーボードが曲を牽引する、SKEPTICISM由来のアプローチをさらに推し進めていて、もはや感覚としてはアンビエントそのもの。水面下でジリジリと伸びゆくノイズがかったギターが、ギリギリでドゥームとしての接点を保っている。それゆえに、非常に淡白なつくりで、ゆったりと流れるムードを壊す要素はない。
 綺麗な部分もところどころで見受けられるので、身を削るような絶望感はなく、なにもない広大な亜空間に佇んでいるイメージだけがあり、現実逃避先として最適。

 アンビエントが聴ける妄想好きだけに勧めます。が、1stゆえに最近の作品に比べて音がチープなので、ファミコンの音に対して「和む」「味がある」という感想を持たれる方以外は、あえて本作を選ぶ必要はありません。最新作を聴きましょう。

【ピックアップ】05.Painless Careless Far Away
 現実の煩わしさから開放されて一息。ピアノのメロディが何気に綺麗。

■こんな人にオススメ
・チープな音に癒される性質だ
・最初から最後まで静かな作品を所望
・孤独を愛する

■主な入手方法
・オフィシャルを通じて通販&フリーダウンロード

■この音源に近いアプローチをとるバンド
Solicide、FLEGETHON、TYRANNY
PR


※ Comment
HN
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS


※ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:



Powered by 忍者ブログ  Design by まめの
Copyright © [ GARBOLOGY ] All Rights Reserved.
http://garbology.en-grey.com/