忍者ブログ
フューネラルドゥーム追っかけブログ。

WRITE | ADMIN

カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
みそドラゴン
性別:
非公開
最新コメント
[03/03 みそ]
[01/30 dooom]
[11/18 みそ]
[11/15 zelot]
[11/22 みそ]
最新トラックバック
カウンター
カウンター


忍者ブログ [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



6becaedd.jpg

アンビエント路線へと完全に舵をとった第4作目

Until Death Overtakes Me『Interludium I: Funeral Path』
┃ベルギー
┃4thアルバム
┃ジャンル/フューネラル・ドゥーム/アンビエント
┃リリース/2004年
┃レーベル/NULLL
┃オフィシャル/http://udom.nulll-void.com/

 50分の曲とか収録されていますが、どのみち同じ展開ばかりが続く作風なので、1つにまとめられているか、切り分けられているかの違いです。特に問題はないでしょう。
 もう、9割9分アンビエントな作品。ギターは「Marche Funebre」にほんの少し使われるだけ。それもほとんどの人は挿入されていることすら気づかないレベルの主張であり、ヴォーカルにいたってはまったく使われておらず、完全にアンビエント方面へと舵を取っている。
 終始、さざなみなど立たない間延びした時間が過ぎていくだけ。平穏な空気が、乱されることなく、無限に連なっては、どこまでも続いていく。
 耳は疲れているのに、それでも音を欲しているときに、ちょうどマッチした作品でした。すごく休まります。
 アンビエント好き限定であることには変わりはありません。

【ピックアップ】01.Funeral Dance
 あの世で安らかに眠っているかのよう。

■こんな人にオススメ
・チープな音に癒される性質だ
・最初から最後まで静かな作品を所望
・孤独を愛する

■主な入手方法
・オフィシャルを通じて通販&フリーダウンロード

■この音源に近いアプローチをとるバンド
The World on Higher Downs
PR


※ Comment
HN
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS


※ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:



Powered by 忍者ブログ  Design by まめの
Copyright © [ GARBOLOGY ] All Rights Reserved.
http://garbology.en-grey.com/