忍者ブログ
フューネラルドゥーム追っかけブログ。

WRITE | ADMIN

カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
みそドラゴン
性別:
非公開
最新コメント
[03/03 みそ]
[01/30 dooom]
[11/18 みそ]
[11/15 zelot]
[11/22 みそ]
最新トラックバック
カウンター
カウンター


忍者ブログ [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



1740ab79.jpg

冷気たちこめる街中を彷徨うようなロシアのフューネラルドゥーム

Station Dysthymia 『Only Gray Days』
┃ロシア
┃1stアルバム
┃ジャンル/フューネラルドゥーム
┃リリース/2009年
┃レーベル/Self Released
┃myspace/
http://www.myspace.com/stationdysthymia
┃lastfm/http://www.lastfm.jp/music/Station+Dysthymia
┃SoundCloud/http://soundcloud.com/station-dysthymia/sets

 ロシア産らしく冷気を纏ったフューネラルドゥームバンド。ただ、駅構内を思わせるSEをイントロに使ったりと、どことなく都会らしい雰囲気を匂わせています。この手のモノの舞台はたいてい森の中など、大自然をほのめかす内容だったりするので、この身近さがどことなく新鮮。聴いていると、冷たい風が吹きすさぶ、誰もいない夜の街中を彷徨い歩いているような感覚が湧き上がってきます。それに加え、薄ぼやけた不鮮明な音処理&アプローチをしているため、想起される光景もまた夢のように不鮮明。曲が進むにしたがい現実感が揺らぎ、夢路との境目が曖昧になっていくのが心地良くて仕方がありません。

 まだまだ垢抜けない部分があるものの、この適度にメロディックな音は大変好みなので、Solitude Productionsさん拾ってやってください。

【ピックアップ】03.Snow Cold Visions 
 シンセが被さり、曲名通りどこまでも冷え切った音世界を描いていく。しかし、冷酷と言えるまでのアプローチはせず、居心地の良さを少しだけ残す程度に留めている。

■こんな人にオススメ
・深夜徘徊大好き
・冬が好き

■主な入手方法
・SoundCloud経由でフリーダウンロード可能

■この音源に近いアプローチをとるバンド
Intaglio、Abske Fides
PR


※ Comment
HN
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS





Powered by 忍者ブログ  Design by まめの
Copyright © [ GARBOLOGY ] All Rights Reserved.
http://garbology.en-grey.com/