忍者ブログ
フューネラルドゥーム追っかけブログ。

WRITE | ADMIN

カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
みそドラゴン
性別:
非公開
最新コメント
[03/03 みそ]
[01/30 dooom]
[11/18 みそ]
[11/15 zelot]
[11/22 みそ]
最新トラックバック
カウンター
カウンター


忍者ブログ [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



3328d2f3.jpg

風化を受け入れるオーストラリアのフューネラル/ブラックメタル

Funeral Mourning 『Drown in Solitude』
┃オーストラリア
┃1stアルバム
┃ジャンル/フューネラル/ブラックメタル
┃リリース/2006年
┃レーベル/GoatowaRex
 

 数々のブラックメタルバンドに関わるDesolateによるフューネラル/ブラックメタル。
 ブラックを経由したタイプと言えばNorttがいますが、あそこまでアンビエントに倒錯しておらず、また、そこまで極端に遅くはないため、テンポを落としていった結果、フューネラルドゥームに接近したという印象が強い。ドラムと共にゆったりとした下地を形作るのも、間延びする重低音ではなく線の細いトレモロリフ。導入されるメロディも控えめなものばかりなので、非常に悠々とした音像が出来上がっている。そのため、どうしても「地味」という言葉からは逃れられない。しかし、あえてその地味さを肯定的に受け取る人からすると、この穏やかな聴き心地もまた魅力的。
 激情のおもむくままに慟哭することをあきらめ、風化に身を委ねて、ただ朽ちるのを待つ。諦観が色濃く漂い、無意味に急かされないのが良い。

 苛烈な音楽を聴いた後の箸休めに最適。燃え尽きた感覚もちょうど似ている。

【ピックアップ】05.Misery Cloaked Under Decayed Flesh
 トレモロがまるで乾いた風のよう。柔らかでありながらも、ジワジワと命を削る酷薄さも持ち合わせている。

■こんな人にオススメ
・地味な音楽が好き
・疲れている

■主な入手方法
・T.H.A.

■この音源に近いアプローチをとるバンド
Abyssmal Sorrow、Bosque
PR


※ Comment
HN
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS


※ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:



Powered by 忍者ブログ  Design by まめの
Copyright © [ GARBOLOGY ] All Rights Reserved.
http://garbology.en-grey.com/