忍者ブログ
フューネラルドゥーム追っかけブログ。

WRITE | ADMIN

カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
みそドラゴン
性別:
非公開
最新コメント
[03/03 みそ]
[01/30 dooom]
[11/18 みそ]
[11/15 zelot]
[11/22 みそ]
最新トラックバック
カウンター
カウンター


忍者ブログ [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



ca01639f.jpg

最もフューネラルドゥーム成分を含んだ1stアルバム

Shape of Despair 『Shades Of...』
┃フィンランド
┃1stアルバム
┃ジャンル/フューネラル/ゴシックドゥーム
┃リリース/2000年
┃レーベル/Spikefarm Records
┃マイスペース/
http://www.myspace.com/shapeofdespair

 フューネラルドゥームとゴシックドゥームの中間地点にいるバンドのひとつで、彼らの作品中、最もフューネラル側に傾いたアルバム。
 抑えたリズムに、シンセと女性ヴォーカルによるコーラスが幻想的な彩りを与え、ギターもあまり重さを強調しないまま淡々と動いているため、浮世離れした独特な浮遊感が発生。緩急をつけることを手放して、どこまでもゆったりと漂わせる音使いはアンビエントにも通じるものがある。バンド名とは裏腹に切迫した様子はあまり見られず、肩に力を入れさせない。そのため、雰囲気モノが好きでないとやや厳しい内容となっている。

 立ち位置的にどっちつかずな印象があるバンドですが、煌びやかな装飾を多く持ち合わせているのと、遅くとも通常のドゥーム並みなので、主軸はどちらかというとゴシック側においている。実際、そのゴシック方面へと大きく舵をとった2ndアルバムのほうが、やりたいことを抑え気味な本作よりも、本来の持ち味が活かされているように思う。アピールするにしても、多くの支持を受けそうなのは、やはりその系統を好む層ではないかと。そういう意味では次作で吹っ切れたのは正解。

【ピックアップ】03.Down in the Stream
 シンセがメインをはることが多いので、中盤のギターのメロディが余計に印象的。

■こんな人にオススメ
・ゴシック好き
・地味なものに惹かれる

■主な入手方法
・AMAZON
・diskunion

■この音源に近いアプローチをとるバンド
REMEMBRANCE、COLOSSEUM
PR


※ Comment
HN
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS


※ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:



Powered by 忍者ブログ  Design by まめの
Copyright © [ GARBOLOGY ] All Rights Reserved.
http://garbology.en-grey.com/