忍者ブログ
フューネラルドゥーム追っかけブログ。

WRITE | ADMIN

カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
みそドラゴン
性別:
非公開
最新コメント
[03/03 みそ]
[01/30 dooom]
[11/18 みそ]
[11/15 zelot]
[11/22 みそ]
最新トラックバック
カウンター
カウンター


忍者ブログ [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




Farmakon.jpg

世界観表現がドロリ濃厚なほどに際立った3rdアルバム。
 

SKEPTICISM『Farmakon』
┃フィンランド
┃3rdアルバム
┃ジャンル/フューネラル・ドゥーム
┃リリース/2003年
┃レーベル/Red Stream
┃マイスペース/http://www.myspace.com/officialskepticism
 

 現時点で全アルバム中もっとも濃い作品。これまで通り感情を揺さぶるアプローチはとらず、暗黒世界のサウンドトラック的なことしかやってませんが、本作をもってその完成度を極めた感じ。
 まず耳に入るのは“ポン”と鳴るスネアの音。これがまるで、邦楽の太鼓の音のように聴こえるのが面白い。この特異な音が、数々の音が浮上しては身を翻すように沈んでいく曲展開のなかにあって、よりいっそう儀式めいた雰囲気を匂い立たせている。曲を通して何か神的な存在を降ろそうとしているかのよう。お家芸であるオルガンも天を貫くように響き渡り、イメージの増幅を狙う。
 もともと抽象的な描写を得意するバンドでありましたが、本作では手加減なし。SKEPTICISM節とも言える独特な世界観は、これまで以上に際立ってCDに収まっている。
 なので、SKEPTICISMが好みに合うとわかった人以外には薦めません。そのぶん波長が合ってしまった人は帰ってこれなくなること請け合い。
 

 一度聴き始めたら、向こう側から手を引かれるようにズルズルとのめり込み、安易にストップボタンが押せなくなる妙な魔力があります。
 

【ピックアップ】04.          
 特に呪術的な雰囲気が色濃い名無しトラック。静謐の向こう側に存在感だけがある。

■主な取り扱い店
・AMAZON
・T.H.A.
 

■こんな人にオススメ
・根暗だけど若干落ち着いた人
・地味好き
 

■この音源に近いアプローチをとるバンド
Profetus、WIJLEN WIJ、Abstract Spirit

PR


※ Comment
HN
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS


※ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:



Powered by 忍者ブログ  Design by まめの
Copyright © [ GARBOLOGY ] All Rights Reserved.
http://garbology.en-grey.com/