忍者ブログ
フューネラルドゥーム追っかけブログ。

WRITE | ADMIN

カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
みそドラゴン
性別:
非公開
最新コメント
[03/03 みそ]
[01/30 dooom]
[11/18 みそ]
[11/15 zelot]
[11/22 みそ]
最新トラックバック
カウンター
カウンター


忍者ブログ [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



c9c256ff.jpg

水系のSEをふんだんに使用したアメリカのフューネラルドゥーム

Celestiial『Where Life Springs Eternal』
┃アメリカ
┃2ndアルバム
┃ジャンル/アンビエント/フューネラル・ドゥーム
┃リリース/2010年
┃レーベル/Bindrune

 軋みを上げるノイズが響く冒頭を聴いて、大きく路線変更したのかと思いましたが、その後は前作を踏襲したスタイルが始まり、少し安心。しかし、自然を思わせるSEと、陰鬱な演奏の合わせ技で聴かせる部分は前作と同じであるものの、重低音ギターの音が少しシューゲイザーを彷彿とさせる音に変化、特にヴォーカルはグロウルよりもスクリームの方をメインに使うようになっているため、人によっては別物に聴こえる度合いが変わるかと。
 今回、SEはジャケからわかる通り、水系の音が終始バックで流れ、緩やかな小川に沿って、呆然とどこまでも歩いていくような感覚が得られる。
 メロディックな面を見せる曲も間にありますが、2曲目「Great Storms Carry My Sadness」が30分を超える長さなので、敷地は若干高くなっており、雰囲気ものに慣れていない人にとって厳しい作風になっている。

【ピックアップ】03.From Elm Blossoms a Rose
 前曲の水の音を引き継ぎ、穏やかなファンタジー世界を歩くような場面へと。

■こんな人にオススメ
・自然が好き
・どこかに行きたい
・遅い音楽しか聴けない状態

■主な入手方法
・Solitude Productions
・WEIRD TRUTH

■この音源に近いアプローチをとるバンド
BOSQUE
PR


※ Comment
HN
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS


※ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:



Powered by 忍者ブログ  Design by まめの
Copyright © [ GARBOLOGY ] All Rights Reserved.
http://garbology.en-grey.com/