忍者ブログ
フューネラルドゥーム追っかけブログ。

WRITE | ADMIN

カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
みそドラゴン
性別:
非公開
最新コメント
[03/03 みそ]
[01/30 dooom]
[11/18 みそ]
[11/15 zelot]
[11/22 みそ]
最新トラックバック
カウンター
カウンター


忍者ブログ [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



8468c17b.jpg

陰鬱な面持ちでジャングルを彷徨い歩くアメリカのフューネラルドゥーム

Celestiial『Desolate North』
┃アメリカ
┃1stアルバム
┃ジャンル/アンビエント/フューネラル・ドゥーム
┃リリース/2006年
┃レーベル/Bindrune

 Agallochのメンバーを要するアメリカのフューネラルドゥーム。アンビエント色を織り込み、SEを多用、というよりは演奏の後ろで延々と流すほどで、雰囲気もののテイストが強い。もちろん起伏はなく、音世界に浸ることのみを打ち出したアプローチをかけてくる。
 Agallochと同様に自然信仰が濃く反映されており、使われるSEは鬱蒼としたジャングルをイメージさせる類のものばかりで、多数の生命の声を聴くことができ、そこに覆いかぶさるのは、這いずる重低音と、生気なく唸ることしかしないヴォーカルによって作り出される暗く影を落としたサウンド。生命の音に、死に掛けた音というミスマッチさが、ある種の異様な感触を生み出しています。基本的に持ち出してきたSEが、自然を美化した目線で選んだような綺麗なものばかりなので、自然と同化したい願望が嫌というほど漂う。

 先に書いた通り、起伏はありませんが、曲の間にメロディックな小曲を挟んだり、なによりSEの存在のため、敷地はそれほど高くはないです。
 陰鬱ですが安堵感は多く得られるので、根暗人のための癒し音楽かと。

【ピックアップ】08.Ashen
 静寂。少しメロディックに盛り上がり、再び静寂へ。

■こんな人にオススメ
・自然が好き
・どこかに行きたい
・遅い音楽しか聴けない状態

■主な入手方法
・Solitude Productions

■この音源に近いアプローチをとるバンド
Until My Funerals Began
PR


※ Comment
HN
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS


※ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:



Powered by 忍者ブログ  Design by まめの
Copyright © [ GARBOLOGY ] All Rights Reserved.
http://garbology.en-grey.com/