忍者ブログ
フューネラルドゥーム追っかけブログ。

WRITE | ADMIN

カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
みそドラゴン
性別:
非公開
最新コメント
[03/03 みそ]
[01/30 dooom]
[11/18 みそ]
[11/15 zelot]
[11/22 みそ]
最新トラックバック
カウンター
カウンター


忍者ブログ [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



052f95fa.jpg

恐怖を表現したいらしいC級フューネラルドゥーム

The Liquescent Horror『A Funeral for Things Undying』
┃アメリカ(アリゾナ州)
┃1stアルバム
┃ジャンル/アンビエント/フューネラル・ドゥーム
┃リリース/2009年
┃レーベル/Satanarsa
┃マイスペース/http://www.myspace.com/theliquescenthorror

 直球にフューネラルドゥームを演奏することよりも、逆に世界観を表現するための素材の一部として使用しているため、ゴシックアンビエントなパートが多め。まるで、80年代あたりのホラー映画のサウンドトラックのような、バタ臭いアプローチをかけてくる。
 チープな音ゆえに、残念ながら恐怖感は得られず、行間から威圧感も滲み出ていない。ネタとしても中途半端。
 フルレングスにもかかわらずトータルで35分しか収録されておらず、曲もこの界隈では短い。
 物好き以外スルー推奨。または、CDRがレンジにて何分耐えられるのかの実験に、使用するのもアリだと思います。

【ピックアップ】02.The Dying Body, the Fleeting Soul
 アルバム最長。しかし6分。あまりの垢抜けなさに、なんだかモヤモヤしてきます。

■こんな人にオススメ
・お金に余裕のある人
・遅い音楽しか聴けない状態

■主な入手方法
・GRAVE

■この音源に近いアプローチをとるバンド
Womb of Decay
PR


※ Comment
HN
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS


※ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:



Powered by 忍者ブログ  Design by まめの
Copyright © [ GARBOLOGY ] All Rights Reserved.
http://garbology.en-grey.com/