忍者ブログ
フューネラルドゥーム追っかけブログ。

WRITE | ADMIN

カレンダー
04 2020/05 06
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
みそドラゴン
性別:
非公開
最新コメント
[03/03 みそ]
[01/30 dooom]
[11/18 みそ]
[11/15 zelot]
[11/22 みそ]
最新トラックバック
カウンター
カウンター


忍者ブログ [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



a4cbdf25.jpg

バンド名などと反して、あくまで王道を貫くロシアのポストロック

417.3 『_(-_-)_』
┃ロシア
┃1stアルバム
┃ジャンル/ポストロック
┃リリース/2011年
┃レーベル/PLAY DEAD CARTEL
┃マイスペース/
http://www.myspace.com/4173music

 バンド名もアルバム名も曲名もふざけている。いかにも、インスト勢に一定数存在する「言葉で表現するのは野暮」というタイプであり、曲名が書かれる欄には数字や記号がズラズラと並ぶ。言葉による先入観をいっさい遮断する徹底ぷりで、アルバムタイトルにいたっては顔文字を使用している。さぞかし中身も遊び心で溢れているかと思えば、ポストロックの文法を手堅く守った作りで少しガッカリ。とはいうものの、その真正面に取り組む姿勢が功を奏したのか、丹念に紡がれる音が徐々に染み渡ってきて、これはこれで良いと思えてくる。

 特に目立つヴァイオリンも、この手の音ではもはや珍しい楽器ではなくなっていますが、それだけに効力は保障されているようなもの。わき目も振らずに腕を振るい、そっと背中を押されるような郷愁感を二重にも三重にも補強し、音の景色に溶け込ませていく。

 個性は薄いものの、無下にも出来ない作品。

【ピックアップ】10.+
 神聖さを匂わすアンビエントパートを経て、何故かエレクトロニカちっくになる曲。例によってタイトルに言及するのは野暮なんでしょうね。

■こんな人にオススメ
・静かな曲を聴きたい
・ポストロック好き

■主な入手方法
・myspace経由でフリーダウンロード可能

■この音源に近いアプローチをとるバンド
Caspian
PR


※ Comment
HN
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS


※ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:



Powered by 忍者ブログ  Design by まめの
Copyright © [ GARBOLOGY ] All Rights Reserved.
http://garbology.en-grey.com/