忍者ブログ
フューネラルドゥーム追っかけブログ。

WRITE | ADMIN

カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
みそドラゴン
性別:
非公開
最新コメント
[03/03 みそ]
[01/30 dooom]
[11/18 みそ]
[11/15 zelot]
[11/22 みそ]
最新トラックバック
カウンター
カウンター


忍者ブログ [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



ce0f0550.jpg

それぞれ表情の違う曲が収録された、バラエティ豊かなフューネラルドゥーム

Wijlen Wij『Wijlen Wij』
┃ベルギー
┃1stアルバム
┃ジャンル/フューネラル・ドゥーム
┃リリース/2007年
┃レーベル/Aesthetic Death
┃オフィシャル/http://wijlenwij.nulll-void.com/

 Stijn Van Cauter参加バンド。
 神々しいオルガンと厳かな歌から始まり、徐々にドラマティックに盛り上がっていく。壮大な内容を期待させるような導入部がとても良いのですが、2曲目で表情が一変。ドス黒い音塊が襲いかかり期待感を踏みにじるという、スケールの大きい内容を示唆したあとに、圧迫感の強い曲で、一気に奈落に突き落とす曲配置のしかたに悪意を感じます。ギャップが酷い。
 基本的に、SKEPTICISM由来のスタイルで展開していきますが、それぞれ曲の表情を大幅に変えていて、黒さを強調したタイプ、荘厳さを強調したタイプ、ダイナミックなタイプなど、ニュアンスを変えており、この手では珍しくバラエティは豊か。どのようなことを表現できるかを実験しているようにも捉えられます。
 SKEPTICISM好きに勧めたいのですが、前2曲のギャップがやはり問題となるかと。

【ピックアップ】02.Wijlen Wij
 振り下ろされ、ノイズを撒き散らす重低音ギターの音が、何よりも前面に出ているため、身動きが取れないほどの閉塞感を覚える。また、落胆し、うなだれる人をさらにジワジワ追い込むアプローチをするので、なによりも救いようがない。
 まさしく、鬱屈にさらなる鬱屈をぶつけて対消滅させることにしか、使い道がない一曲。

■こんな人にオススメ
・バラエティはあったほうがいい
・ゆったりとした音楽しか聴けない状態

■主な入手方法
・GRAVE
・WEIRD TRUTH
・オフィシャルを通じて通販&フリーダウンロード

■この音源に近いアプローチをとるバンド
SKEPTICISM、Profetus
PR


※ Comment
HN
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS


※ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:



Powered by 忍者ブログ  Design by まめの
Copyright © [ GARBOLOGY ] All Rights Reserved.
http://garbology.en-grey.com/