忍者ブログ
フューネラルドゥーム追っかけブログ。

WRITE | ADMIN

カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
みそドラゴン
性別:
非公開
最新コメント
[03/03 みそ]
[01/30 dooom]
[11/18 みそ]
[11/15 zelot]
[11/22 みそ]
最新トラックバック
カウンター
カウンター


忍者ブログ [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



c117c2dd.jpg

毒々しく如何わしい世界観を繰り広げる、香港のフューネラルドゥーム

HYPONIC 『The Noise Of Time』
┃中国(香港)
┃2ndアルバム
┃ジャンル/フューネラル・ドゥーム
┃リリース/2005年
┃レーベル/AreaDeath Productions
┃マイスペース/http://www.myspace.com/hyponic

 ちらほらとメタルバンドを輩出してる中国ですが、まだまだ物珍しく見られることから、シーンそのものは発展途上といった印象。そこにいきなりフューネラルドゥームときたものですから、雑多な中国、何が隠れているかわかりません。
 1stの時点では、北欧デスメタルの影響下にある音を出していたらしいのですが、本作ではフューネラルドゥーム以外にカテゴライズ不能のスタイルを貫いている。
 鬱系のメランコリックさもなければ、荘厳なシンフォニックさもない、ひたすら不安を煽るような描写ばかりを続けていく。不気味な残響音と、感覚を遮断するように広がるノイズエフェクトが、他との差別化を図っていて、まるで、衛生状態の悪い独房に、閉じ込められているかの如き閉塞感に支配されるなか、得体の知れない病原菌にゆったりと蝕まれていくようで、アルバムを深く深く聴いていくごとに、取り返しのつかないことになってしまいそう。この、淀み、爛れた空気は最後まで晴れることはない。

 欧米や西洋由来の暗さとは違った種類であり、同じアジア人ゆえに、こちらのほうが闇を濃く感じられるという人もいるかと。
 まさしく、この地域からしか生まれない唯一無二の作品。

【ピックアップ】02.Subconscious Attack
 怪しげなメロディ。雪崩れ込むザラついたノイズエフェクト。ひたひたと、死が忍び寄ってくる。

■こんな人にオススメ
・不気味な作品を所望
・珍しいものに目がない
・遅い音楽しか聴けない状態

■主な入手方法
・GRAVE

■この音源に近いアプローチをとるバンド
ESOTERIC、Of Darkness
PR


※ Comment
HN
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS


※ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:



Powered by 忍者ブログ  Design by まめの
Copyright © [ GARBOLOGY ] All Rights Reserved.
http://garbology.en-grey.com/