忍者ブログ
フューネラルドゥーム追っかけブログ。

WRITE | ADMIN

カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
みそドラゴン
性別:
非公開
最新コメント
[03/03 みそ]
[01/30 dooom]
[11/18 みそ]
[11/15 zelot]
[11/22 みそ]
最新トラックバック
カウンター
カウンター


忍者ブログ [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



694ab1c7.jpg

慇懃たる風格漂う、ロシアのフューネラルドゥーム

ABSTRACT SPIRIT『Tragedy and Weeds』
┃ロシア
┃2ndアルバム
┃ジャンル/ゴシック/フューネラル・ドゥーム
┃リリース/2009年
┃レーベル/Solitude Productions
┃マイスペース/http://www.myspace.com/abstractspirit

 音楽形態としてはフューネラルドゥームを採用しているものの、文字通りに葬式という雰囲気はなく、威圧的で、気力のみなぎったニュアンスを与えるサウンドであることには変わりないです。今回さらに、金管楽器を思わせる音が前作よりも多用され、なにより慇懃な表情を見せるため、身分の高い者がふんぞり返っているような印象を受ける。もちろん弱々しさなどまったくなく、曲名や歌詞には暗い単語が並んでいるにもかかわらず、陰鬱さを受け取ることができません。多少あったとしても、共感などできないでしょう。
 バンドが意図したムードを作り出せているかはわかりませんが、独自の音の立ち上げには成功しているかと。
 曲展開については、スムーズに広がりスムーズに閉じ、展開を楽しんでいるあいだに、気がつけば最後の曲まで到達している。この手の中では練られているほうで、割と広くアピールできるものを持っていると思います。

【ピックアップ】02.Funeral Waltz
 曲名にFuneralと付いているのに、この大物が登場してきたような風格漂うオーラ。葬式という気分には間違ってもならない。

■こんな人にオススメ
・スケールの大きい音楽を所望
・遅い音楽しか聴けない状態

■主な入手方法
・GRAVE
・WEIRD TRUTH
・Solitude Productions

■この音源に近いアプローチをとるバンド
ESOTERIC、COLOSSEUM
PR


※ Comment
HN
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS


※ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:



Powered by 忍者ブログ  Design by まめの
Copyright © [ GARBOLOGY ] All Rights Reserved.
http://garbology.en-grey.com/