忍者ブログ
フューネラルドゥーム追っかけブログ。

WRITE | ADMIN

カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
みそドラゴン
性別:
非公開
最新コメント
[03/03 みそ]
[01/30 dooom]
[11/18 みそ]
[11/15 zelot]
[11/22 みそ]
最新トラックバック
カウンター
カウンター


忍者ブログ [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



7cbaedc5.jpg

やりすぎなくらいのメロディックさを誇るバンドのDEMO音源再発盤

Loss『Life Without Hope...Death Without Reason』
┃アメリカ(テネシー)
┃DEMO
┃ジャンル/フューネラル・ドゥーム
┃リリース/2005年
┃レーベル/Deathgasm
┃マイスペース/http://www.myspace.com/lossdoom

 フルレングスが出そうででないアメリカのLossのDEMO。バンドの名前が直球なら、サウンドも直球。悲しみに満ちたメロディで音を彩っているのですが、まったく自重してないレベルのメロディックさで、スティックシュガーを5本入れたコーヒーのように甘ったるい。メロディアスな音楽が嫌いな人にとって、これは耐え切れないと思う。曲の展開もストレートであり、この手のバンドのクライマックス部分を全編に散りばめたようなアプローチが最初から最後まで続く。もはや捻ろうという意識さえ感じさせない。
 フルが出たら出たで、絶対胃もたれするのだろうし、DEMOくらいの長さがちょうどいいかもしれない。Katatoniaのカバーが緩和剤になっているのはどうよ……。

【ピックアップ】02.Conceptual funeralism unto the final art (of being)
 ここまでいくと脅迫。泣くことを強要されているみたい。

■こんな人にオススメ
・メロディックな音楽好きだ
・悲しみに満ちたメロディがあればいい

■主な取り扱い店
・WEIRD TRUTH
・はるまげ堂
・GRAVE

■この音源に近いアプローチをとるバンド
Abyssmal Sorrow、Arcana Coelestia
PR


※ Comment
HN
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS


※ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:



Powered by 忍者ブログ  Design by まめの
Copyright © [ GARBOLOGY ] All Rights Reserved.
http://garbology.en-grey.com/