忍者ブログ
フューネラルドゥーム追っかけブログ。

WRITE | ADMIN

カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
みそドラゴン
性別:
非公開
最新コメント
[03/03 みそ]
[01/30 dooom]
[11/18 みそ]
[11/15 zelot]
[11/22 みそ]
最新トラックバック
カウンター
カウンター


忍者ブログ [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



013d98a3.jpg

神聖さの中にノスタルジックなムードが加わった3rdアルバム

Ea『Au Ellai』
┃ロシア?
┃3rdアルバム
┃ジャンル/ゴシック/フューネラル・ドゥーム
┃リリース/2010年
┃レーベル/Solitude Productions
┃マイスペース/http://www.myspace.com/EaFuneralDoomMetal

 前作からあまり間をあけずにリリースされたので、作品のクオリティに影響していないか心配でしたが、杞憂に終わりました。
 ずいぶんと落ち着いた作風になっていて、前作のギンギンに張った気迫は抑え気味。というより元々やんわり聴かせることを目的にしているらしく、音圧も控えめになっている。それにともないメロディも増加。全編でまんべんなく聴くことができ、おまけにノスタルジックな味わいも出てきていて、相変わらず神秘体験しているようなイメージを与える音でありますが、どこか温かみも感じる。もともと、このジャンルにありながら暗黒要素の薄いアプローチをしていましたが、本作ではより淡い光が描き出されています。根暗人に対応した救いの音楽といった印象。聴いていくうちに捻じ曲がった黒い感情が解きほぐされて無くなっていく。
 相変わらず曲の展開も上手く、細かいところまで手が入っていて切り替えしが良い。もはや安心のEaブランド。
 トラックは3つ収録されてますが、それぞれ同じメロディが使われているので、実質アルバムとおして1曲かと。

【ピックアップ】03.Ea Taesse
 冒頭のメロディからして涙腺を刺激してくると同時に、心の淀みが浄化されていくような感覚を覚える。

■こんな人にオススメ
・根暗だけど前に進みたい
・シンフォニックなサウンドが好き

■主な取り扱い店
・WEIRD TRUTH
・はるまげ堂
・GRAVE

■この音源に近いアプローチをとるバンド
The Howling Void、COLOSSEUM
PR


※ Comment
HN
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS


※ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:



Powered by 忍者ブログ  Design by まめの
Copyright © [ GARBOLOGY ] All Rights Reserved.
http://garbology.en-grey.com/