忍者ブログ
フューネラルドゥーム追っかけブログ。

WRITE | ADMIN

カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
みそドラゴン
性別:
非公開
最新コメント
[03/03 みそ]
[01/30 dooom]
[11/18 みそ]
[11/15 zelot]
[11/22 みそ]
最新トラックバック
カウンター
カウンター


忍者ブログ [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



Taesse.jpg

吹き零れるほどに神聖さがあふれる正体不明ドゥーム

Ea 『Ea Taesse』
┃出身不明
┃1stアルバム
┃ジャンル/ゴシック/フューネラル・ドゥーム
┃リリース/2006年
┃レーベル/Solitude Productions
┃マイスペース/
http://www.myspace.com/EaFuneralDoomMetal

 出身地、バンド構成、メンバーの名前にいたるまで、公開していない謎のバンドによる1stアルバム。今現在でも出身地がロシアなのではないかという可能性が上がってきたくらいで、秘密主義を貫きとおしている。また、コンセプトに考古学を掲げており、このことがバンド自身の神秘性も高めている。
 音のイメージは考古学をテーマにしているおかげか、かなり神聖さがあふれていて、聴いていると黒い感情が徐々に解きほぐされていく感覚がある。フューネラルドゥームを下地にして曲を作っているけど、陰鬱にさせる要素は盛り込まれていない。
 かなりシンフォニックかつメロディアスな作風なのですが、この種のバンドが陥りがちな、メロディ入れすぎの甘ったるい路線になってはいません。それこそ、キーボードが劇的な演出をしたり、要所で、ピアノによる悲しげなメロディが飛び出してくるところがあるものの、過剰な演出にはなっておらず、かなり押し引きに長けている様子。曲展開で聴き手の心を誘導するのがすごく上手く、濃い内容をあっさりと聴かせてしまう力を持っている。そして圧巻なのは、クライマックスの部分。もう十分盛り上がったと思ったところから、もう一段階超えて、さらなる盛り上がりにもっていくくだりが凄い。これには思わず鳥肌がたってしまったほど。
 自分自身、ゴシック要素の強いキラキラしたサウンドは若干苦手ではありますが、これは抵抗なく聴けました。
 よほどキラキラしたサウンドに拒絶反応がなければ楽しめるかと。

【ピックアップ】03.Ea Taesse
 このあたりまで来れば、貯めてきたネガティブ要素がカラになっている。

■こんな人にオススメ
・根暗だけど前に進みたい
・シンフォニックなサウンドが好き

■主な取り扱い店
・WEIRD TRUTH
・はるまげ堂
・GRAVE

■この音源に近いアプローチをとるバンド
The Howling Void、COLOSSEUM
PR


※ Comment
HN
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS





Powered by 忍者ブログ  Design by まめの
Copyright © [ GARBOLOGY ] All Rights Reserved.
http://garbology.en-grey.com/