忍者ブログ
フューネラルドゥーム追っかけブログ。

WRITE | ADMIN

カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
ブログ内検索
プロフィール
HN:
みそドラゴン
性別:
非公開
最新コメント
[03/03 みそ]
[01/30 dooom]
[11/18 みそ]
[11/15 zelot]
[11/22 みそ]
最新トラックバック
カウンター
カウンター


忍者ブログ [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



PRIKOSNOVENIE.jpg

タイプの違う女性ヴォーカルが交差するウクライナのグループ

Fleur『PRIKOSNOVENIE』
┃ウクライナ
┃1stアルバム
┃ジャンル/フォーク・トラッド
┃リリース/2002年
┃レーベル/Prikosnovenie

 基本はフォークで、トラッドの土着性をスパイスにした曲が並ぶものの、チェロやフルートを使い、室内楽している部分があったり、プログレの影響を感じる静と動の使い分けが見られたり、相当数のジャンルを消化して創作しているのがわかります。そしてなにより、それらの要素を耳に残りやすく調理するポップのセンスが凄く、とても1stアルバムとは思えないほどアレンジ能力が洗練されている。
 ヴォーカルは女性2人が担当していて、大人の落ち着きをイメージさせる声、妖艶でありつつ幼さもイメージさせる声と、それぞれタイプが違い、曲によってメインも変わる。ちょうど交互にメインヴォーカルが変わるので、単調さとは無縁。
 多数のジャンル、タイプの違うヴォーカルによりサウンドにかなりの幅を与えていて、似たような曲がないにもかかわらず、すべて情感に訴えかけることに終始しているので、アルバムとおしての統一感はしっかり貫かれている。
 先にも書きましたが、1stとは思えない驚異的な出来。



【ピックアップ】03.On the Dark Side of the Moon
 月明かりの中、艶かしいダンスを踊るような妖しさあふれる曲。ヴォーカルもだけど、チェロも雰囲気作りにかなり貢献している。あと、この手の音楽にあって珍しくサビの耳残りが良い。

■こんな人にオススメ
・女性ヴォーカルものが聴きたい
・自然大好き

■主な取り扱い店
・AMAZON
・ザビエル・レコード

■この音源に近いアプローチをとるバンド
Caprice、Mellow candle
PR


※ Comment
HN
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS


※ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:



Powered by 忍者ブログ  Design by まめの
Copyright © [ GARBOLOGY ] All Rights Reserved.
http://garbology.en-grey.com/