忍者ブログ
フューネラルドゥーム追っかけブログ。

WRITE | ADMIN

カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
みそドラゴン
性別:
非公開
最新コメント
[03/03 みそ]
[01/30 dooom]
[11/18 みそ]
[11/15 zelot]
[11/22 みそ]
最新トラックバック
カウンター
カウンター


忍者ブログ [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



2961c41b.jpg

深まった夜のなかを彷徨うようなムードを打ち出す2ndアルバム

ASUNDER『Works Will Come Undone』
┃アメリカ(オークランド)
┃2ndアルバム
┃ジャンル/デスメタル/フューネラル・ドゥーム
┃リリース/2006年
┃レーベル/Profound Lore
┃マイスペース/http://www.myspace.com/totheendofdays

 チェロ担当が脱退し、一応はゲストという形で導入されてはいますが、水面下でサウンドを支えるようなアプローチが多いので、前作のように目立った使われ方は見られなくなりました。おかげで、もともと目立っていた重低音ギターがさらに際立つように。それにともない、悲壮な響きのなかにも、おぼろげな明かりがあった作風から変化。陰鬱なムードが強く漂うようになっている。前作が夕方とするなら本作は深夜といったところ。しかも人里離れた場所。特に雨が降る夜に聴きたくなります。
 2曲72分なのですが、2曲目「Rite of Finality」の23分以降はドローンが流れる余韻部分なので、実質は約45分。それでも長いけど。個人的に前作のように余韻部分は曲を分けて欲しかった。iPodに入れるとき幅取るので。

【ピックアップ】02.Rite of Finality
 ゆったりと鳴らされる冷め切ったギター、憂いをたっぷり含み空気を振るわせるチェロによって、叙述性が徐々に徐々に濃厚になっていく。そこに今にもバラバラに散ってしまいそうな悲痛なギターソロが響く。その後、一転して押し殺すようにへヴィな展開へ。前作を思わせる自然信仰さも持ち合わせている曲。
 諦観なスタンスを持ちながら、思わずズルリと感情が表に出てくるのがなんとも言えない。
 あと、どうでもいいけどフューネラルドゥームの中でも特にお気に入りの曲だったりする。それこそiPodに入れて持ち歩くくらいに。

■こんな人にオススメ
・自然が好き
・意欲的なバンドに惹かれる

■主な取り扱い店
・GRAVE
・はるまげ堂
・T.H.A.

■この音源に近いアプローチをとるバンド
Mournful Congregation、Somnolent
PR


※ Comment
HN
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS

 Title:無題
Heaven Shall Burnは聴きましたッ♪メタコアって言うのかなぁ?それにしては悲壮感の奥深さを感じました★わたし的には良作だとおもいました(^O^)今作も注目してるですが、まだ拝聴できる機会がなくて...
NANA 2011/03/21(Mon)17:23:11 #edit

 Title:無題
Heaven Shall Burnは自分も好きです。
悲壮でありながら豪快なのが良い。

そういえば「ASUNDER」というアルバムもありましたね。
みそ 2011/03/21(Mon)22:20:57 #edit


※ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:



Powered by 忍者ブログ  Design by まめの
Copyright © [ GARBOLOGY ] All Rights Reserved.
http://garbology.en-grey.com/