忍者ブログ
フューネラルドゥーム追っかけブログ。

WRITE | ADMIN

カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
みそドラゴン
性別:
非公開
最新コメント
[03/03 みそ]
[01/30 dooom]
[11/18 みそ]
[11/15 zelot]
[11/22 みそ]
最新トラックバック
カウンター
カウンター


忍者ブログ [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



bd63b758.jpg

チェロを取り入れ、夕日に染まった草原に佇むような雰囲気を形作るドゥーム

ASUNDER『A Clarion Call』
┃アメリカ(オークランド)
┃1stアルバム
┃ジャンル/デスメタル/フューネラル・ドゥーム
┃リリース/2004年
┃レーベル/LIFE IS ABUSE
┃マイスペース/http://www.myspace.com/totheendofdays

 のどかな農村を想起させる導入からして、他のバンドと雰囲気を異にしていることがわかる。チェロを大胆に取り入れるなど、かなり意欲的。もとより、フューネラルドゥームを演奏をするためというよりも、好きにサウンドを組み立てていったら結果的に近づいてしまったタイプ。
 ドラムの手数も多く、重低音ギターがドゥームメタルらしいヘヴィさで、ガツガツした動きをするおかげで、遅いわりには活動的な印象を与える。ときおり顔を出す、情感を搾り出すように響くメロディも対比がとれていて良い。
 特筆すべきは、先に書いたとおりチェロの存在。音色そのものの特異性あり、単純に音が増えることによる豊かさのアップあり、大自然の中を佇むような雰囲気作りに貢献ありと、このバンドにかなりのものをもたらしている。
 薄暗さはありますが、どうしようもない絶望さはないので、聴きやすいです。

【ピックアップ】01.Twilight Amaranthine
 なんとも壮大。悲観的になった魂を自然へと帰しているかのよう。諦観したまま消え入るようなラストがいい。

■こんな人にオススメ
・自然が好き
・意欲的なバンドに惹かれる

■主な取り扱い店
・GRAVE

■この音源に近いアプローチをとるバンド
Mournful Congregation、Somnolent
PR


※ Comment
HN
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS

 Title:無題
毎日更新すごぃですねッ(>_<)陰ながらブログ拝見させて頂いてますょ★
NANA 2011/03/20(Sun)19:22:30 #edit

 Title:無題
始めた当初は酷い更新速度でしたがw
最近は慣れてきたので、毎日でも苦ではないです。
みそ 2011/03/20(Sun)22:38:52 #edit


※ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:



Powered by 忍者ブログ  Design by まめの
Copyright © [ GARBOLOGY ] All Rights Reserved.
http://garbology.en-grey.com/