忍者ブログ
フューネラルドゥーム追っかけブログ。

WRITE | ADMIN

カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
みそドラゴン
性別:
非公開
最新コメント
[03/03 みそ]
[01/30 dooom]
[11/18 みそ]
[11/15 zelot]
[11/22 みそ]
最新トラックバック
カウンター
カウンター


忍者ブログ [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



719549ce.jpg

メロディックにモッサリと進行する、デスメタル/フューネラルドゥーム

Imindain『And the Living Shall Envy the Dead...』
┃イギリス
┃1stアルバム
┃ジャンル/デスメタル/フューネラル・ドゥーム
┃リリース/2007年
┃レーベル/Weird Truth Productions
┃マイスペース/http://www.myspace.com/imindain

 遅く重い曲ばかり収められていますが、ここぞというときにダイナミックな動きを見せるデスメタル色の強い部分に、メロディックに憂いを表現するギターのおかげでかなり取っ付きやすい作品に仕上がっている。
 聴き手を飽きさせないために、展開は多めに採られており、しっかりと力を入れて取り組んでいるのは凄く伝わってくるものの、どこか垢抜けなさも、いたるところで付きまとう。モッサリとした音質はともかく、気の抜けたスクリームなどはどうしても興を削がれていしまう原因で、できるだけグロウルのみを使って欲しかったです。
 光る要素はいくつか持っているだけに、突き抜けそうで突き抜けない感じが非常にもったいない1枚。

【ピックアップ】06.This Empty Flesh
 叙述性が渦を巻き、心をかき回すようなメロディでドラマティックに展開。

■こんな人にオススメ
・惜しいバンドに惹かれる
・メロディは多めが良い
・遅い音楽しか聴けない状態

■主な入手方法
・WEIRD TRUTH
・GRAVE
・はるまげ堂

■この音源に近いアプローチをとるバンド
My Shameful、Ego Depths
PR


※ Comment
HN
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS


※ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:



Powered by 忍者ブログ  Design by まめの
Copyright © [ GARBOLOGY ] All Rights Reserved.
http://garbology.en-grey.com/