忍者ブログ
フューネラルドゥーム追っかけブログ。

WRITE | ADMIN

カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
みそドラゴン
性別:
非公開
最新コメント
[03/03 みそ]
[01/30 dooom]
[11/18 みそ]
[11/15 zelot]
[11/22 みそ]
最新トラックバック
カウンター
カウンター


忍者ブログ [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



1b9b301a.jpg

硬派と軟派のあいだを行く、Comatose Vigilの2ndアルバム

Comatose Vigil 『Fuimus, Non Sumus』
┃ロシア
┃2ndアルバム
┃ジャンル/フューネラルドゥーム
┃リリース/2011年
┃レーベル/Solitude Productions
┃マイスペース/
http://www.myspace.com/comatosevigilofficial
┃バンドキャンプ/http://comatosevigil.bandcamp.com/

 Abstract Spiritのメンバーも在籍する、ロシアのフューネラルドゥームバンド。2作目。
 空間の広がりと神聖な雰囲気を作り出すキーボードをメインとするところはこれまで通り。
 本作の路線は、聴き手の叙情感を揺さぶることを根底に据えている。しかし、メロディを大きく目立たせることはせず、変にキャッチーになってしまうことを極力抑えてもいて、過去作と比べた場合、ゴシック的アプローチの増えた2006年のEPよりも、徹底的に遅く迫る1stに近い。一方で、感情移入を跳ね除ける無慈悲さは見られず、幾分か歩み寄りやすさも残しており、ちょうど1stとEPの中間をいくサウンドに納まっている。双方の良さを取り入れて順当にグレードアップさせた印象が濃い。

 どのような場面においても、決して前のめりにならないのが本作の凄いところで、音のひとつひとつを耳と心に丹念に練り込むように響かせ、たとえクライマックスとなろうともスローな筆致は揺るがない。その姿勢からくる堂々とした佇まいが、感動を誘う路線でありながら「あざとい」といった感想を寄せ付けないでいる。さじ加減は絶妙。
 聴きやすさを削がないように、慎重に贅肉だけを削ぎ落とした意欲作。

【ピックアップ】03.The Day Heaven Wept 
 3曲目にして最終曲。前2曲に比べてキャッチーであるものの、それでも安易さは感じさせない張り詰めた空気が良い。

■こんな人にオススメ
・シンフォニックな音が好き
・遅い音楽しか聴けない

■主な入手方法
・AMAZON(DLのみ)
・diskunion
・Solitude Productions

■この音源に近いアプローチをとるバンド
Torture Wheel、Lethargy Of Death
PR


※ Comment
HN
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS


※ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:



Powered by 忍者ブログ  Design by まめの
Copyright © [ GARBOLOGY ] All Rights Reserved.
http://garbology.en-grey.com/