忍者ブログ
フューネラルドゥーム追っかけブログ。

WRITE | ADMIN

カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
みそドラゴン
性別:
非公開
最新コメント
[03/03 みそ]
[01/30 dooom]
[11/18 みそ]
[11/15 zelot]
[11/22 みそ]
最新トラックバック
カウンター
カウンター


忍者ブログ [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



Inanimus.jpg

先人達の手法を踏襲しつつ一味加えたルーマニアのフューネラルドゥーム

Aabsynthum 『Inaminus』
┃ルーマニア
┃2ndアルバム
┃ジャンル/フューネラルドゥーム
┃リリース/2011年
┃レーベル/Marche Funebre Productions
┃マイスペース/
http://www.myspace.com/aabsynthum

 ルーマニアの独りフューネラルドゥームバンドの2ndアルバム。過去作では2人ほど関わっていたものの、今回は音もカバーアートもGroza Gabrielひとりで制作している。
 1stはフューネラルドゥームと言うよりゴシックドゥームのカテゴリに入るような“動く”場面の多い音でありましたが、本作ではスローな場面が増えたことによりフューネラルドゥームらしくなり、その手の嗜好に応える出来になっています。
 基本的にギターよりもキーボードがメインを務めるSKEPTICISMの血を受け継いだ路線を下地としていますが、ヴァイオリンのような音色を多用することで他と差別化を図っており、それによって生まれる暗くも気品が高そうな雰囲気が最大の売りでしょうか。いかにもゴシック的な慟哭を誘うコッテリとした場面が出てきそうであるものの、#3で前作のように動く場面を除けば、徹底的に遅く進行し、2重3重4重5重……と雰囲気を上塗りしていくだけなので逆に新鮮で良いです。そうは言っても完全に泣かせる要素は捨てておらず、微弱ながらも涙腺を刺激してくるのがポイント。ゴシック嗜好を持っている人からすると寸止めもいいところかもしれませんが。

【ピックアップ】04.That Comes Before the Final... Rest
 珍しくギターが前面に出ている場面が多い曲。感情を抑えつつも隙間から漏れ出るような終盤も聴き所。

■こんな人にオススメ
・雰囲気モノを好む
・寸止め大好き

■主な入手方法
・AMAZON
・diskunion
・Solitude Productions

■この音源に近いアプローチをとるバンド
Comatose Vigil、Lethargy Of Death
PR


※ Comment
HN
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS





Powered by 忍者ブログ  Design by まめの
Copyright © [ GARBOLOGY ] All Rights Reserved.
http://garbology.en-grey.com/