忍者ブログ
フューネラルドゥーム追っかけブログ。

WRITE | ADMIN

カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
みそドラゴン
性別:
非公開
最新コメント
[03/03 みそ]
[01/30 dooom]
[11/18 みそ]
[11/15 zelot]
[11/22 みそ]
最新トラックバック
カウンター
カウンター


忍者ブログ [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



65da38a5.jpeg

自身の背景を隠すことなく披露するブラジルのドゥームデスバンドの2ndアルバム

Helllight 『Funeral Doom / The Light That Brought Darkness』
┃ブラジル
┃2ndアルバム+ミニアルバム
┃ジャンル/フューネラル/ドゥームデスメタル
┃リリース/2012年
┃レーベル/Solitude Productions
┃オフィシャル/
http://www.helllight-doom.com/
┃マイスペース/http://www.myspace.com/helllight
┃バンドキャンプ/http://helllight.bandcamp.com/

 2008年にAncient Dreamsからリリースされた2ndアルバムと、2011年に公式サイト上で配信されたカバーミニアルバムをセットにした2枚組再発盤。
 基本的にメロディを大切にしたドゥームデス周辺の音を鳴らしていますが、カバーミニアルバムではDanzig、Neil Young、Queen等を選出するなど、この時点で他の系統のバンドとは畑が違うことがわかる。実際、キーボードによるシンフォニックな味付けで壮大さを表現するも、すすり泣く悲壮さとは無縁な方向へと走り、醸し出されるのはドッシリと構えた佇まい。それに加え、クリーンボイスで歌い上げると、ハードロック的テイストが付随し、ギターソロが飛び出してきたと思えば、立ち上がってくるのはいぶし銀な哀愁。スタイルとしては現代風なのに受ける印象がどこか古めかしく、まるで昔のバンドばかりを嗜んでいた人が突然ドゥームデスに挑戦したようなアンバランスさが終始つきまとう。とはいえ、相乗効果とまではいかないまでも、シーンが飽和状態にある状況下ではかえって新鮮。
 しかし、これだけいろいろやらかしながらタイトルが『Funeral Doom』なのは何かの冗談なのか、もしくは皮肉なのか……。曲を聴くかぎり明らかにタイトル通りに演奏する気がない。

 ともかく提示してくるニュアンスが他のバンドとは違うので、そのようなバンドを求める人にとっては興味深く聴けるのはないかと。フューネラルドゥーム原理主義な人はタイトル詐欺に注意。

【ピックアップ】1-07.In Memory Of The Old Spirits
 黄昏を思わせる落ち着いた音をじっくり聴かせてから導入されるギターソロが良い。タガが外れたように弾きまくっているにもかかわらず、メロディ過多で甘ったるい印象を与えない点がこのバンドらしいところ。

■こんな人にオススメ
・今昔関係なく音楽を好む
・少しテイストの異なったドゥームデスが聴きたい

■主な入手方法
・S.A. MUSIC
・diskunion
・Solitude Productions

■この音源に近いアプローチをとるバンド
PANTHEIST、Arcana Coelestia
PR


※ Comment
HN
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS





Powered by 忍者ブログ  Design by まめの
Copyright © [ GARBOLOGY ] All Rights Reserved.
http://garbology.en-grey.com/