忍者ブログ
フューネラルドゥーム追っかけブログ。

WRITE | ADMIN

カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
ブログ内検索
プロフィール
HN:
みそドラゴン
性別:
非公開
最新コメント
[03/03 みそ]
[01/30 dooom]
[11/18 みそ]
[11/15 zelot]
[11/22 みそ]
最新トラックバック
カウンター
カウンター


忍者ブログ [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



 

元気がなさすぎるにもほどがあるイギリスのアンビエント/ポストロック

AMNPTN 『MELANCHOLIA』
┃イギリス
┃1stアルバム
┃ジャンル/アンビエント/ポストロック
┃リリース/2012年
┃レーベル/Eerie Echoes
バンドキャンプ/ http://amnptn.bandcamp.com/

 バンド名はAMINEPTINEという抗鬱剤の名前を短くしたものらしい。検索してみると2003年には麻薬に指定されてますね。そのような名前であるからして活発な音になるはずもなく、内容はとても暗く憂鬱です。
 ジャンルとしてはポストロックやインディロックあたりに近いのですが、特筆すべきはエネルギーのなさ。エネルギーがないから、自らの境遇に焦りや怒りといった強い感情を持つことはなく、印象の強いメロディで慟哭している様子を表現したりしません。残り少ないエネルギーが生み出すぼんやりとした悲しさを抱えたまま、ただひたすら鬱々と音を連ねていくだけ。ボーカルも、歌というよりも、歌になり損ねて口から漏れ出た呻きのようです。楽器鳴らす体力すら、ほとんど残っていないのではないかと思うぐらいの沈みっぷりがある意味凄い。
 もともと他と比べて音数が少ないジャンルではありますが、ここまで音に元気がないのは珍しいのではないでしょうか。重低音こそ使われてはいないものの、この生命力の薄さはフューネラルドゥームに通じるものがあると思います。
 作風が作風なので全体の印象が地味ですが、ピアノが使われていたり、メロディもよく聴くとキャッチーだったり、曲も短く切り詰めているので敷居自体は意外と高くはないです。なので、生命力に溢れた音楽に同調できない人間に広く(?)オススメ。個人的にはもっと曲長くてもいいなと思ったり。
体調が悪いときなど、音数が多い音楽が聴けないときに馴染む数少ない音源でもあります。



【ピックアップ】03.Dysphoria
 アルバム中最もキャッチーな曲。こういう曲ですら元気あるように錯覚するぐらい、他の曲はよりぐったりしています。

■こんな人にオススメ
・元気ない
・体調も悪い気がしてきた

■主な入手方法
・bandcamp
・Eerie Echoes

■この音源に近いアプローチをとるバンド
探し中……
PR


※ Comment
HN
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS





Powered by 忍者ブログ  Design by まめの
Copyright © [ GARBOLOGY ] All Rights Reserved.
http://garbology.en-grey.com/