忍者ブログ
フューネラルドゥーム追っかけブログ。

WRITE | ADMIN

カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
みそドラゴン
性別:
非公開
最新コメント
[03/03 みそ]
[01/30 dooom]
[11/18 みそ]
[11/15 zelot]
[11/22 みそ]
最新トラックバック
カウンター
カウンター


忍者ブログ [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



0c44610c.jpeg

果てなく続く闇の中で迷子になるような3rdアルバム

The Howling Void 『The Womb Beyond The World』
┃アメリカ
┃3rdアルバム
┃ジャンル/フューネラルドゥーム
┃リリース/2012年
┃レーベル/Solitude Productions
┃フェイスブック/
http://www.facebook.com/TheHowlingVoid?ref=ts

 Intestinal DisgorgeのRyanによる独りフューネラルドゥームバンドの3作目。全4曲59分。
 下品なゴアグラインドバンドに関わっている人間が作ったとは思えないぐらいに、雄大かつ綺麗なサウンドが売りなバンドですが、本作も過去作と同じようにシンフォニックな面を強調したフューネラルドゥームを演奏しています。ただ、四方を闇に囲まれたアートワークが匂わせている通り、曲が醸し出すムードは過去作と違ってかなり暗くなっており、スケール感があるわりには、心をゆっくりと締め上げるような閉塞感があります。特に前作では、陰りはありつつも、どちらかと言えば開放感のある作風だっただけに意外な変化に感じました。使用している楽器や、やっているアプローチはほとんど変わっていないのに、受ける印象がガラリと変わっているのが面白いです。
 また、暗さを追求したフューネラルドゥームは他にも多く存在するものの、それらとは暗さの種類が違うように思います。この世のどん底に突き落とされるような暗さではなく、どこか身近な暗さ。例えるなら夜に人気も民家もない場所で迷子なるような感覚に近いです。どんなに歩いても、見知った場所にたどりつかず「もう帰れないのかもしれない……」という疑念が徐々に募っていくあたりは通じるところがあるかと。聴いていると強烈に光と人が恋しくなります。

【ピックアップ】04.Eleleth
 安らいだ印象を残すアンビエント。おそらくこの曲でこれまでの焦燥感を打ち消すことを狙っているのかもしれませんが、ぜんぜん癒し足りません。

■こんな人にオススメ
・迷子になった経験がある
・夜に散歩するのが好き

■主な入手方法
・Solitude Productions
・diskunion

■この音源に近いアプローチをとるバンド
Funeral Tears、Torture Wheel
PR


※ Comment
HN
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS





Powered by 忍者ブログ  Design by まめの
Copyright © [ GARBOLOGY ] All Rights Reserved.
http://garbology.en-grey.com/