忍者ブログ
フューネラルドゥーム追っかけブログ。

WRITE | ADMIN

カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
ブログ内検索
プロフィール
HN:
みそドラゴン
性別:
非公開
最新コメント
[03/03 みそ]
[01/30 dooom]
[11/18 みそ]
[11/15 zelot]
[11/22 みそ]
最新トラックバック
カウンター
カウンター


忍者ブログ [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



フューネラルドゥームを除いた2012年ベスト。
こだわりがないので、ベストというよりも適当に食い散らかした記録と言ったほうが近いかもしれません。


MONGRELS CROSS 『The Sins of Aquarius』 
c3c050e3.jpeg



 オーストラリアのスラッシュ/ブラックメタル。無数の音の塊が突っ込んでくるようなブラックメタルパートと、跳ねるようなザクザクリフの配分が程よかったです。特に突進してくる場面の問答無用ぶりが凄い。悠長な部分もありますが、次の曲に移れば、またテンション引っ張り上げられるので気にならなくなります。


PSEUDOGOD 『Deathwomb Catechesis』  
5801e0fa.jpeg



 ロシアのブラック/デスメタル。業火を思わせるギターの音が四の五の言わせないインパクトを生んでいて、この音だけ聴いているだけでも爽快。ただ、良くも悪くもそのインパクトのみでゴリ押ししていくため、曲の始めが最大のハイライトで、あとは降下線をたどっていくのがやや難点。そのかわり妙に中毒性があって、最初はすぐに飽きるかと思いきや、結構引っ張り出して聴いてました。


ATOMA 『Skylight』 
Skylight.jpg



 ジャンル名が紹介する場所によって大きく違うのも頷けるくらい、様々な要素を組み込んでるところも聴き所ですが、なによりも、それらの要素を見せ付けずに情景を描くために費やしているのが良かったです。雰囲気は統一されているくせに聴き飽きさせないのは凄い。


In Fear And Faith 『In Fear And Faith』 
96191f76.jpeg



 セルフタイトルと、自身のバンド名が書かれた石をハンマーで破壊するジャケの時点で気迫が伝わってきますが、その気迫がしっかりと音にも反映されていて良かったです。いい加減メタルコアやスクリーモは飽きてきたものの、一枚ぐらいは凄く気に入る音源がリリースされるので、なんだかんだでチェックが止められません。


GAZA 『No Absolutes In Human Suffering』 
 42153ef2.jpeg



 前作も良かったのですが、1stが好きだっただけに、本作に「泡吹いてのた打ち回る」感覚が戻ってきたのは喜ばしかったです。基本理性飛ばして掴みかかってくるものの、止まると見せかけて突撃したり、逆にそのまま疾走すると思わせて、テンポ落としてその場にへたり込む、不意打ち的なアプローチが随所にあるのが良かったです。


Lis Er Stille 『Nous』 
Nous.jpg



 初期GENESIS+エモと例えたくなるような、爽やかさと演劇めいた演出とその下に潜むかすかな毒。なにやっても皮肉に聴こえるところが非常に興味深かったです。


ANATHEMA 『Weather Systems』 
d78e2997.jpeg



 上半期にいたるところで上がっていたので聴いたら見事にハマりました。地べたを這いつくばる人間が望む空みたいな、淀みから解放された感触は、過去に負の音楽をやっていたからこそ描けるのか。明るくポジティブであるものの、嫌味がないです。


CYANIC 『Litanies Of Lust Unholy』 
4786025b.jpeg



 ブルデスやデスコア、ブラックメタルなど昨今のエクストリーム音楽の良いところを上手く抽出し、より耳にスルスルと入りやすように組み替えた優等生サウンド。真新しいところはありませんが、曲展開が自分好みで良く聴いてました。


iamthemorning 『iamthemorning』 
iamthemorning.jpg



 女性Voプログレ。ソフトなタイプで邪な要素が入り込む余地がなく、どこまでも綺麗な景色が続く。無難すぎるのが欠点とも取れますが、とにかくこの美しさに浸っていればどうでもよくなります。


VOMITCHAPEL 『The House Of The Lord Despoiled』 
 1ecdfe9c.jpeg



 地獄で血の川の流れをジッと見入るようなデスメタル。変にボーカルの音が大きかったり、なにやっているかわからない重く潰れたギターや、メリハリつけることを最初から考えていない垂れ流しの曲展開など、地下臭を存分に放っています。言わばキワモノですが、異様な世界を除き見たい人にオススメ。



以下、他によく聴いた音源 

Anhedonist 『Netherwards』
Chaos E.T. Sexual 『Ov』
Mare Cognitum 『An Extraconscious Lucidity』
Abominable Putridity 『The Anomalies Of Artificial Origin』
Tortorum 『Extinctionist』
Inverloch 『Dusk _ Subside』
Death Grips 『NOLOVEDEEPWEB』
Faal 『The Clouds Are Burning』
Elysian Blaze 『Blood Geometry』
The Best Pessimist 『love is』
Angel Witch 『As Above, So Below』
Corima  『Quetzalcoatl』
Mors Principium Est 『...and Death Said Live』
Desecresy 『The Doom Skeptron』
Godspeed You! Black Emperor 『Allelujah! Don' t Bend! Ascend! 』
Obey The Brave 『Young Blood』
PR


※ Comment
HN
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS





Powered by 忍者ブログ  Design by まめの
Copyright © [ GARBOLOGY ] All Rights Reserved.
http://garbology.en-grey.com/