忍者ブログ
フューネラルドゥーム追っかけブログ。

WRITE | ADMIN

カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
みそドラゴン
性別:
非公開
最新コメント
[03/03 みそ]
[01/30 dooom]
[11/18 みそ]
[11/15 zelot]
[11/22 みそ]
最新トラックバック
カウンター
カウンター


忍者ブログ [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



PainNoiseMarch.jpg

徹底された無機質さに侵食されるノルウェーのフューネラルドゥーム

HJARNIDAUDI 『Pain:Noise:March』
┃ノルウェー
┃1stアルバム
┃ジャンル/ドローン/フューネラルドゥーム
┃リリース/2006年
┃レーベル/Paradigms Recordings
┃バンドキャンプ/
http://hjarnidaudi.bandcamp.com/

 ノルウェーの独りドローン/フューネラルドゥームバンドの1stアルバム。全3曲42分。
 作り手の表情が読めない作品はいくつかありますが、これもその類。
 曲の構造はフューネラルドゥームのフォーマットに沿ったもので、パートによってはトレモロなども絡んでくる作りであるものの、硬質な音作りもあってか無機質な印象しか与えてきません。とにかく音の先に作り手の表情がまったく見えないので、思わず人間が作ったものかと訝しむほど。あまりに非人間的であるため、相対しているとこちらもつられて表情が死んでいくのを感じます。脳裏に浮かぶのも、床も壁も天井も鉄でできた金属しか存在しない広い空間など、生命の痕跡が見当たらない異空間のみ。たとえメロディックといえそうなパートであっても、冷たさしか返ってこないあたり徹底してます。
 SHININGのNiklas Kvarforthのボーカルを入れたリメイク作『Niklas Kvarforth Presents: Hjarnidaudi』も禍々しさが加わっており大変良いのですが、個人的には無機質一色な本作がこのバンドらしいのでオススメです。
 あと、インダストリアルの要素はありませんが、無機質さは共通すると思うのでそちらのファンにもオススメ。

【ピックアップ】01.Pain
 現実の空気を一音で叩き潰す硬質な重低音。眩暈を誘発しそうな酩酊感しか与えてこないロングトーンのギター。鈍色の何かが精神を乗っ取ろうと浸食してくるような錯覚に襲われる。

■こんな人にオススメ
・何もない場所に行きたい
・無機質な音が聴きたい

■主な入手方法
・bandcamp
・AMAZON(DLのみ)

■この音源に近いアプローチをとるバンド
Beyond Black Void、HYPONIC
PR


※ Comment
HN
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS





Powered by 忍者ブログ  Design by まめの
Copyright © [ GARBOLOGY ] All Rights Reserved.
http://garbology.en-grey.com/