忍者ブログ
フューネラルドゥーム追っかけブログ。

WRITE | ADMIN

カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
みそドラゴン
性別:
非公開
最新コメント
[03/03 みそ]
[01/30 dooom]
[11/18 みそ]
[11/15 zelot]
[11/22 みそ]
最新トラックバック
カウンター
カウンター


忍者ブログ [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



13a44a0a.jpeg

苦痛を背負いながら酷薄な大地を歩くようなドゥームデスメタル

ATARAXIE 『Slow transcending agony』
┃フランス
┃1stアルバム
┃ジャンル/フューネラル/ドゥームデスメタル
┃リリース/2005年
┃レーベル/Weird Truth Productions
┃オフィシャル/
http://www.ataraxie.net/

 フランスのドゥームデスメタルバンドの1stアルバム。ゴリゴリとしたダイナミックなリフ使いを主としたタイプで、時折スロウに情景を描くなどフューネラルドゥームの側面も合わせ持っています。アートワークのおかげで最初は自然に対する信仰を織り込んだ内容なのかと思いましたが、意外と苦悶に顔を歪ませて叫ぶ場面が多く、どちらかというとアートワークは心象風景に照らし合わせたものではないかと。よく見れば岩が剥き出しで、美しさよりも酷薄さが勝っていますし。
 この手の音源にしては音質も良く、薄っすらと顔を覗かせるメロディックな面もあったりで、アングラな作品を好む人にはまとまりが良すぎると受け取られる一方、このジャンルに馴染みがない人には入りやすい作品だと思います。

【ピックアップ】05.Another day of despondency
 最後に爆走しますが、閉塞を打破しようとした前向きなものではなく、苦痛から逃れたい一心で自暴自棄に陥っているようで、音なのに見ていられない面持ちにさせられる。

■こんな人にオススメ
・常に何かを背負っているような気分
・遅くも展開は多いほうがいい

■主な入手方法
・GRAVE
・diskunion
・はるまげ堂
・T.H.A.
・WEIRD TRUTH

■この音源に近いアプローチをとるバンド
FUNERALIUM、AHAB
PR


※ Comment
HN
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS





Powered by 忍者ブログ  Design by まめの
Copyright © [ GARBOLOGY ] All Rights Reserved.
http://garbology.en-grey.com/