忍者ブログ
フューネラルドゥーム追っかけブログ。

WRITE | ADMIN

カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
みそドラゴン
性別:
非公開
最新コメント
[03/03 みそ]
[01/30 dooom]
[11/18 みそ]
[11/15 zelot]
[11/22 みそ]
最新トラックバック
カウンター
カウンター


忍者ブログ [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



0a8e9051.jpg

重苦しい空気の中、低迷するようなフィンランドのフューネラルドゥーム

Night Must Fall『Funeral of Mankind』
┃フィンランド
┃コンピレーション
┃ジャンル/フューネラル・ドゥーム
┃リリース/2005年
┃レーベル/Endless Desperation
┃マイスペース/http://www.myspace.com/nmfdoom

 2003年リリースDEMO『Night Must Fall』、2004年リリースEP『Funeral of Mankind』をまとめたコンピレーション盤。
 反復多いスタイルのフューネラルドゥーム。シンフォニックな冒頭のため、メロディックな路線を期待してしまうかもしれないけど、繰り広げられるのは、ひたすら同じリフをネチネチ繰り返し、陰鬱な気分をジワジワと感染させていくことばかり。メロディ好きな人にとって、喜べる部分はほんの少ししかない。
 そこからさらに不穏な方面へと舵をとって、ジリジリと響く重低音ギターの後ろで、キーボードが不安をゆったりと撫でるように煽る。苦悶に満ちたヴォーカルがそれに後押し。
 終始、重苦しいムードが漂い、その空気は最後まで晴れない。
 さらに人を選びそうな1枚。

【ピックアップ】02.Carried Amidst The Funeral Winds
 憂鬱に過ぎ行く時間。廃退を前にして気力をなくすかの如く。中盤にて綺麗なピアノが登場しますが、印象的なのは、このパートぐらい。

■こんな人にオススメ
・反復モノに惹かれる
・なにもしたくない
・遅い音楽しか聴けない状態

■主な入手方法
・GRAVE
・WEIRD TRUTH

■この音源に近いアプローチをとるバンド
Night of Suicide、Intaglio
PR


※ Comment
HN
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS


※ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:



Powered by 忍者ブログ  Design by まめの
Copyright © [ GARBOLOGY ] All Rights Reserved.
http://garbology.en-grey.com/