忍者ブログ
フューネラルドゥーム追っかけブログ。

WRITE | ADMIN

カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
みそドラゴン
性別:
非公開
最新コメント
[03/03 みそ]
[01/30 dooom]
[11/18 みそ]
[11/15 zelot]
[11/22 みそ]
最新トラックバック
カウンター
カウンター


忍者ブログ [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



MonolitheII.jpg

鈍重な作りながらも、展開豊かなプログレ風味なフューネラルドゥーム

MONOLITHE『MONOLITHE II』
┃フランス
┃2ndアルバム
┃ジャンル/プログレッシブ/フューネラル・ドゥーム
┃リリース/2005年
┃レーベル/Appease Me
┃マイスペース/http://www.myspace.com/monolithedoom

 前作同様1曲のみ収録で、長さは50分弱。プログレ風味な曲展開を見せ、それでもフューネラルドゥームの文法はしっかり守るMONOLITHEの特色は本作でも存分に発揮されている。
 前作の中盤にあったような意表をつくような展開がないのが、個人的に少々不満であるものの、キーボードによるものかアコーディオンの音色も使用され、音像の色彩が豊かに。また、相変わらずアイディアの詰め込みが凄く、軽く3枚分のアルバム作れそうな量を惜しげもなく一作品に注ぐ。それらを違和感なく繋いでいく曲運びも上手く、なにより反復を好まず、同じフレーズを繰り返す場面があっても、咄嗟に何らかのアプローチを挟んできて、積極的にダレるのを回避。聴き手を、より自然に音世界に導こうとする、妥協なき姿勢が感じられます。
 強烈なインパクトは持たないが、一度レールに乗ると、数々の音に導かれて最後までスルリと聴いてしまう作品。

【ピックアップ】01.MONOLITHE II
 38分を超えたあたりのメロディ乱舞は、鳥肌を立たせて余りあるもの。何気にベースも瑞々しい。

■こんな人にオススメ
・プログレが好き
・内容は充実しているほうが良い
・遅い音楽しか聴けない状態

■主な入手方法
・Solitude Productions

■この音源に近いアプローチをとるバンド
SKEPTICISM、Wijlen Wij、COLOSSEUM
PR


※ Comment
HN
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS


※ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:



Powered by 忍者ブログ  Design by まめの
Copyright © [ GARBOLOGY ] All Rights Reserved.
http://garbology.en-grey.com/