忍者ブログ
フューネラルドゥーム追っかけブログ。

WRITE | ADMIN

カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
みそドラゴン
性別:
非公開
最新コメント
[03/03 みそ]
[01/30 dooom]
[11/18 みそ]
[11/15 zelot]
[11/22 みそ]
最新トラックバック
カウンター
カウンター


忍者ブログ [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



MonolitheI.jpg

多彩な変化を見せるプログレ風味なフューネラルドゥーム

MONOLITHE『MONOLITHE I』
┃フランス
┃1stアルバム
┃ジャンル/プログレッシブ/フューネラル・ドゥーム
┃リリース/2003年
┃レーベル/Appease Me
┃マイスペース/http://www.myspace.com/monolithedoom

 1曲51分収録。なにげにBlut aus NordのVindsvalも参加してます。
 1曲あたりの収録時間がアレなので、その時点で尻込みしてしまいそうな人が多いかもしれないけど、展開は詰まっているので聴き通すのはあまり苦ではないかと。
 SKEPTICISMに影響を受けているらしいのですが、冒頭の小川を流れる水の音に、綺麗なピアノの音を被せてくる場面から、他のフォロワーや、それに限らず、他のフューネラルドゥーム系列のバンドとは違ったイメージを発するバンドだということがわかります。
 序盤では悲劇調のゴシック色のあるドゥームを演奏しているものの、そこから徐々に使われるメロディが明るくなっていき、想起される世界も、広大さを増していく。しまいには中盤にて軽快に鳴るギターを合図に、視界が開けるようなパートへと突入、すかさずキーボードが空間の広がりをシンフォニックに演出して後押し。この辺の展開には思わずハッとさせられました。
 その他、ギターが弾いたメロディを、その後ピアノで弾いたり、メインを務める楽器が小気味良く切り替わったりで、曲展開の手法がいちいちプログレらしい。一応、本家もプログレらしさが見え隠れしますが、こちらはより露骨。
 様々な道筋を辿り、そのつど表情も変化し、物語性が強く内容が充実しているので、聴き応えがあります。
 フューネラルドゥーム好き以外にもアピールできる作品かと。

【ピックアップ】01.Monolithe I
 32分あたりの、緊張が高まるパートも捨てがたいです。

■こんな人にオススメ
・プログレが好き
・内容は充実しているほうが良い
・遅い音楽しか聴けない状態

■主な入手方法
・GRAVE
・AMAZON

■この音源に近いアプローチをとるバンド
SKEPTICISM、Wijlen Wij、COLOSSEUM
PR


※ Comment
HN
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS


※ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:



Powered by 忍者ブログ  Design by まめの
Copyright © [ GARBOLOGY ] All Rights Reserved.
http://garbology.en-grey.com/