忍者ブログ
フューネラルドゥーム追っかけブログ。

WRITE | ADMIN

カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
みそドラゴン
性別:
非公開
最新コメント
[03/03 みそ]
[01/30 dooom]
[11/18 みそ]
[11/15 zelot]
[11/22 みそ]
最新トラックバック
カウンター
カウンター


忍者ブログ [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



4040bcdb.jpeg

キャッチーさと重さを両立したアトモスフェリックドゥーム

Mare Infinitum 『Sea Of Infinity』
┃ロシア
┃1stアルバム
┃ジャンル/アトモスフェリックドゥーム
┃リリース/2011年
┃レーベル/Solitude Productions
┃バンドキャンプ/
http://mareinfinitum.bandcamp.com/

 Abstract Spiritを率いるA.K.iEzorと、元Who Dies in Siberian SlushのHomerによるアトモスフェリックドゥーム。アトモスフェリックと言っても、ほとんど低速メインなので、フューネラルドゥームと捉えても遜色はないです。
 曲を書いているのはHomerですが、限りなくAbstract Spiritに近いことをやっており、違いと言えばクリーンボイスの使用ぐらい。Abstract Spiritと言えば、数々の装飾で彩りつつも、何故か絢爛さよりも重圧さが先行する作風が特徴でしたが、本バンドもどこまでも重たげに進行していく。それだけにクリーンボイスしても、雰囲気を軟化させる役割を持たせるはずもなく、いざ出番を与えられるも、ヒステリックな声色で激情を煽り立てるばかり。ゴテゴテと飾りつけしたはいいものの、かえって重みになり、それらが圧しかかってくるのが面白いです。
 重さを損なうことなくキャッチーに仕上げた1枚。結構広い層にアピールできるバンドだと思います。もちろんAbstract Spiritが好きなら損はしないはず。

【ピックアップ】03.Beholding The Unseen
 重さを強調したグロウルボイスと、若干狂気の混じった演劇調なクリーンボイスの掛け合いが印象的。その後のギターソロも良い。

■こんな人にオススメ
・重くも聴きやすい音がいい
・遅くも展開は多いほうがいい

■主な入手方法
・AMAZON(DLのみ)
・diskunion
・zero dimensional records
・Solitude Productions

■この音源に近いアプローチをとるバンド
Abstract Spirit、COLOSSEUM
PR


※ Comment
HN
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS





Powered by 忍者ブログ  Design by まめの
Copyright © [ GARBOLOGY ] All Rights Reserved.
http://garbology.en-grey.com/