忍者ブログ
フューネラルドゥーム追っかけブログ。

WRITE | ADMIN

カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
みそドラゴン
性別:
非公開
最新コメント
[03/03 みそ]
[01/30 dooom]
[11/18 みそ]
[11/15 zelot]
[11/22 みそ]
最新トラックバック
カウンター
カウンター


忍者ブログ [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



8abff220.jpeg

悠々と広大な空間を漂流するようなフューネラルドゥーム

Cosmic Despair 『Celebration of the Wake』
┃ポーランド/ノルウェー/シリア
┃1stアルバム
┃ジャンル/フューネラルドゥーム
┃リリース/2012年
┃レーベル/Marche Funebre Productions
┃マイスペース/
http://www.myspace.com/cosmicdespair

 ポーランド、ノルウェー、シリアと、メンバーがまたがる多国籍なフューネラルドゥームバンド。全9曲43分。
 アンビエントやドローン色の入った音源が多いMarche Funebre Productionsにしては珍しく直球のフューネラルドゥーム。地を這う重低音に、メロディを担うギターとキーボードをのせる基本フォームを踏まえつつ、そこにやや神秘的な味付けを加えているのが特徴。バンド名は『Cosmic Despair』なので宇宙を表現しているかと思いきや、ジャケには船や、海らしきものが描かれており、広大なイメージであればなんでも採用しているようです。叙情的なメロディなどはあまり使わず、少なくとも感情移入を目的としたタイプではないでしょう。アングラ臭のする音作りもあってか、人ならざるものに憑依して悠々と広い空間を漂流しているようなニュアンスが色濃いです。#9でTHERGOTHONのカバーをしていますが、人知を超えた者の時間間隔を体験するような部分などはやや共通していると思います。
 あまり幅広く受けるような音源ではありませんが、感情に訴えかける音源よりも神秘性などを押し出した音源が好き、という人にはピッタリかもしれません。

【ピックアップ】05.Leviathan
 神聖の生き物が徐々に徐々に存在感をあらわにするような曲。ゆっくりと膨れ上がる感覚が良い。

■こんな人にオススメ
・垢抜けないバンドに惹かれる
・神秘性の強い音を聴きたい

■主な入手方法
・はるまげ堂
・WEIRD TRUTH

■この音源に近いアプローチをとるバンド
Ego Depths、Krief De Soli
PR


※ Comment
HN
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS





Powered by 忍者ブログ  Design by まめの
Copyright © [ GARBOLOGY ] All Rights Reserved.
http://garbology.en-grey.com/