忍者ブログ
フューネラルドゥーム追っかけブログ。

WRITE | ADMIN

カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
みそドラゴン
性別:
非公開
最新コメント
[03/03 みそ]
[01/30 dooom]
[11/18 みそ]
[11/15 zelot]
[11/22 みそ]
最新トラックバック
カウンター
カウンター


忍者ブログ [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



Hypnagogia.jpg

派手さは控えめに廃退を描くイタリアのゴシック/フューネラルドゥーム2ndアルバム

Consummatum Est 『Hypnagogia』
┃イタリア
┃2ndアルバム
┃ジャンル/ゴシック/フューネラルドゥーム
┃リリース/2010年
┃レーベル/Silent Time Noise
┃マイスペース/
http://www.myspace.com/consummatumest

 イタリアのゴシック/フューネラルドゥームバンドの2ndアルバム。全4曲50分。
 Shape of Despairや、REMEMBRANCEなどを思わせるゴシック系フューネラルドゥームをプレイ。目立って特別なことはせずにゴシック一直線に曲を紡いでいますが、そのぶん展開は緻密。女性Voの入るタイミング、アンビエントパートや、ピアノのみになるパートを節目に配置してメリハリをつけており、他のバンドもやっている手法であるものの、これが妙に決まっていて気持ち良い。また、挑戦的でもあって、#3にてESOTERIC+ゴシックと言えそうなくだりも少しだけ飛び出くる。実験をするにしてもアルバムの統一感を損なわない程度に収めており、優等生なようでいて微妙に反抗心を持ったバンドなのが興味深いところ。
 よく聴くと大仰な音使いをしていますが、プロダクションのせいか上記のバンド等に比べると印象はやや控えめ。ゴシックとドゥームを同時に求める人ならば高確率でハマる1枚かと。

【ピックアップ】03.Consummatum Est
 高圧的な絶叫と、揺らめくギターが幻惑してきたかと思えば、いつの間にか荘厳な曲調へとシフトしている。混沌と清廉を行き来するような面白さ。

■こんな人にオススメ
・ゴシック大好き。
・地味好き。

■主な入手方法
・GRAVE
・WEIRD TRUTH

■この音源に近いアプローチをとるバンド
Shape of Despair、REMEMBRANCE
PR


※ Comment
HN
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS





Powered by 忍者ブログ  Design by まめの
Copyright © [ GARBOLOGY ] All Rights Reserved.
http://garbology.en-grey.com/