忍者ブログ
フューネラルドゥーム追っかけブログ。

WRITE | ADMIN

カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
みそドラゴン
性別:
非公開
最新コメント
[03/03 みそ]
[01/30 dooom]
[11/18 みそ]
[11/15 zelot]
[11/22 みそ]
最新トラックバック
カウンター
カウンター


忍者ブログ [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



Ea.jpg

これまでの作品の要素が見え隠れするセルフタイトル作

Ea 『Ea』
┃出身不明
┃4thアルバム
┃ジャンル/フューネラルドゥーム
┃リリース/2012年
┃レーベル/Solitude Productions
┃バンドキャンプ/
http://eadoom.bandcamp.com/album/ea

 正体不明フューネラルドゥームバンドによる4作目。トータル1曲47分。
 自身の名をタイトルに据えている時点で期待が高まってしまうものの、結論から先に書くと期待値を高く設定してはいけない作品になっていました。
 タイトルから想像できる通り、過去の作品の要素が見え隠れする作風となっていて、これまで出してきた要素の総括が目的であることが窺える。しかし、1stではシンフォニックに迫り、2ndでは重さで圧倒、3rdでは郷愁を誘うメロディを強化するなど、過去3作がそれぞれの方向で突き抜けていただけに、本作ならではの特色が薄くなってしまっている。どうしても「無難にまとまった」という印象がぬぐえないのが惜しいところ。
 それでも決して駄作というわけもなく、一定のクオリティは保たれており、とりわけ、水のSEが挿入されたのちに静かに盛り上がっていく16分あたりと、低速を極めた沈んだ流れから、泣きのギターソロが起き上がってくる30分あたりは本作最大のハイライトと言えるほどで、過去作と比べても聴き劣りはしない。Eaのアルバムにしては特色がないというだけで、あと聴くのに大切なすべては詰まっている。このジャンルが好きなら損はしないはず。
 あと、ついに1トラックになりましたが、もともとアルバム通して1曲といった作風であったために、過去作を知っている人にとっては特に問題はないかと。それに60分越えが当たり前なこの界隈において、47分はかなり短めな収録時間であるため、敷居は意外と低かったりもする。

■こんな人にオススメ
・メロディックな作品に惹かれる
・落ち着きたい

■主な入手方法
・AMAZON(DLのみ)
・zero dimensional records
・Solitude Productions

■この音源に近いアプローチをとるバンド
Funeral Tears、The Howling Void、Kairi
PR


※ Comment
HN
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS





Powered by 忍者ブログ  Design by まめの
Copyright © [ GARBOLOGY ] All Rights Reserved.
http://garbology.en-grey.com/