忍者ブログ
フューネラルドゥーム追っかけブログ。

WRITE | ADMIN

カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
みそドラゴン
性別:
非公開
最新コメント
[03/03 みそ]
[01/30 dooom]
[11/18 みそ]
[11/15 zelot]
[11/22 みそ]
最新トラックバック
カウンター
カウンター


忍者ブログ [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



846c2b29.jpg


すべてはここから始まった。フューネラルドゥームの始祖によるDEMO音源。

THERGOTHON 『Fhtagn-nagh Yog-Sothoth』
┃フィンランド
┃DEMO
┃ジャンル/フューネラル・ドゥーム
┃リリース/1991年
┃レーベル/EIBON RECORDS
┃マイスペース/
http://www.myspace.com/thergothon 

 THERGOTHONの記念すべきDEMO音源。
 1990年初頭、デスメタルやグラインドコア勢などが出現し、エクストリーム嗜好の高まりに導かれるまま、過激さや速さを競い合っていた地下の地下では、極限までテンポを落すことにより、どのような表現ができるかを探る逆の動きもありました。その中でも特に極端な音を出していたのがこのバンド。

 本作は、後にフューネラルドゥームというジャンルを形作る上での種火にあたる音源ですが、特徴の1つである、沈み込むような印象を与えるほどにスローなギターのアプローチも片鱗ほどしか拝めず、まだまだ鈍重に振るわれるリフをメインとしたドゥーム/デスメタル色が濃く残っている。
 ジャンルとジャンルを繋ぐミッシングリングを埋める1枚であるものの、音質も悪く、リピートするには厳しく、確実にマニア向け。フューネラルドゥームをある程度聴いた人だけがルーツを辿る目的で、入手したほうがよろしいかと。

【ピックアップ】02.Evoken
 某USバンドが名前に拝借した曲。
 骨太にゆっくり責めるドゥーム/デス曲であり、メロディはあってもどこか禍々しく怪しげな仕上がりになっている。

■こんな人にオススメ
・根暗で物好きな人
・ルーツを知りたい人

■主な取り扱い店
・はるまげ堂

■この音源に近いアプローチをとるバンド
 Mournful Congregation、Somnolent、Maiden Voyage

 

PR


※ Comment
HN
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS





Powered by 忍者ブログ  Design by まめの
Copyright © [ GARBOLOGY ] All Rights Reserved.
http://garbology.en-grey.com/